ごほうび旅行 ベトナム編

今年の4月15日“文化の風コンサート”で、ブラームスの歌曲ばかりを10曲歌うことになっていました。うち8曲はまだ人前では歌ったことがない、というIZUMIさんの意欲的なプログラム!
下降気味の記憶力でヤマの様なドイツ語を暗譜するにはどうしたら・・・そう、目の前にぶら下げるニンジンが必要だわ、それがハノイ&バンコク旅行でした。
・・・震災の影響でコンサートは中止になってしまいましたが、4月末にしっかりニンジンだけはいただきましたよ。

それでは、私にとっては未知の国だったベトナム・ハノイのハイライトをお見せしましょう。
空港~ホテルの送迎は付いているものの、あとはまったくフリーの気ままなひとり旅です。

まずは車と人の喧騒混沌にカルチャーショックを受けました。
e0210473_22163969.jpg
信号無視は当たり前、車とバイクの間を縫って、平然と大通りを渡る人たち。
e0210473_22182474.jpg
なんと、道路の真ん中にお店まで広げる始末です。
ベトナム人恐るべし!

さて一夜明けて、いよいよハノイ中心街へ。
外国へ行って何が面白いかって、その国の人たちの文化と暮らしぶりを肌で感じ、そこで暮らしているように過ごすこと、ですよね。
e0210473_22271352.jpg

e0210473_22292046.jpg

半日もすると道路を渡るコツも会得し、シルク専門店を回ってスーツとワンピースをオーダーし、旧市街の市場でベトナム小物をちまちまっとお買い物、ベトナム料理も食べ尽くしました。

このときのスーツがこれ(本当はヒザ丈のスカートがあるのですが、思ったより足が太かったので上着だけにしました・・・)。
e0210473_22541671.jpg


旅行に行くとほとんど歩き回りっぱなしのIZUMIさん、ハノイ名物の「水上人形劇」へも行きました。
e0210473_1245171.jpg

e0210473_1241324.jpg
e0210473_2334257.jpg

e0210473_2355850.jpg
幕の後ろで1時間近くもお人形を操っていた人たち・・・ずっと水に浸かって、トイレに行きたくならないのかしら・・・

次の日、ハノイからタクシーで30分くらいのバッチャン村へ。ここは焼き物の村として有名です。
e0210473_23162471.jpg

お店の裏の工場ではバーチャンではなく、ネーチャンが絵付けをしていました。
e0210473_2318888.jpg

可愛い湯呑み1ヶ400円、さすが、本場は安いわ~と喜んで買ってきましたが・・・後日うちの近くのダイソーで100円で売っているのを発見・・・トホホ。

日本ともヨーロッパとも違う文化圏、とても新鮮で楽しかったデス。みなさんもぜひ一度。ただし、交通事故にはくれぐれもご注意くださいね・・・かく言う私、せっかく去年手術をしてお金もヒマもかかっているので、もう3~40年くらいは長生きしないとモトが取れないからね~、と、結構必死で道を渡っていましたが。

では最後に私のポートレートを。
ハノイ市内の鎮国寺。
e0210473_130389.jpg
さんざ歩き回った後なのです、国よりまず、どうぞ私の足の筋肉痛を鎮めてください~。

そして、一柱寺。一本の柱の上に建てたお寺は、国花であるハスの花をイメージしているそうです。
e0210473_234110100.jpg

ん・・・この顔、思ったより疲れてる!
[PR]
by izumihitori | 2011-08-09 23:36 | 旅行