連想ゲーム

「魔術師」「結婚式」「浅田真央ちゃん」「三曲」・・・さて、ここから連想するのは?

1811年、ハンガリーに生まれたリストは、作曲家として有名なだけでなく、
「ピアノの魔術師」と称されるほど素晴らしいピアノの名手でした。その超絶技巧的な演奏は「指が6本ある」と噂されたそうです。

e0210473_2213065.jpg
ここはブタペストにある『リスト記念博物館』。彼はここでピアノを教えたり作曲をしていました。
なんてシックで素敵なお部屋、こんなところであのハンサムなリスト先生にピアノを習いたいわ~、と、当時若い女性にモテモテだったそうで、追っかけがいたり、コンサートで失神する人がいたりと、その人気は今のアイドル並み。

リスト愛用のピアノがこれ。
e0210473_22162598.jpg


e0210473_22164365.jpg
この譜面立てはリスト自身の特注で、真ん中にはリストの像、中央上部には尊敬するベートーベン、え?両脇の像は誰かって?・・・良く分からないので話題を変えましょう。

e0210473_22171258.jpg
引き出しが鍵盤になった机。

e0210473_22174275.jpg
そして、リストの右手も展示してありました。指は5本でしたが、かなり大きな手でした。・・・でも、比べるものが無いので、これじゃあリストの手の大きさが分からないですねえ。

連想ゲームの答えは『愛の夢』でした。リストの曲の中で世界中の人々から一番愛されている曲の一つでしょう。結婚式の定番、そして今シーズンも浅田真央ちゃんはフリー演技にこの曲を選びました。

え?なぜ「三曲あさお」と関係があるんですか?・・・という方、“IZUMIひとりごと”通ですね!でも、残念でした、「三曲あさお」とは関係ありません。『愛の夢』はもともとソプラノの為に書かれた3曲から成る歌曲だったのです。

リストの生誕200年に因んで、今年の『クリスマス・コンサート』では『愛の夢』を歌うべく、今、訳詞作りに取り組んでいます。
作詞家IZUMIさん、“言葉の魔術師”と呼ばれる日をみています!
[PR]
by izumihitori | 2011-11-05 22:32 | 歌・音楽