ジョイントコンサート ありがとうの心

11月9日(水)『コール・エコー&鶴川グリーンエコーズ ジョイントコンサート“ありがとうの心”』が無事に終わりました。
今回ほど“無事に”終わってホッとしたコンサートは今までなかったような・・・
宗先生の体調も、IZUMI先生のピアノ伴奏も、IZUMI先生のソロも、ハラハラドキドキの連続でした。
でも2つの合唱団の皆さんは、落ち着いてとても楽しそうに歌っていました。もちろんもう一人のピアニスト樋渡先生なぞは、ご自身が編曲された曲や、多くのコンサートで歌って来たお得意の歌の伴奏ばかりですから、それはもう、鼻歌ものです。

コンサートレポートにも入れましたのでどうぞご覧ください。
ですが、あちらは記録用、こちらは“ひとりごと”ですから、IZUMIさん目線でレポートすると・・・

e0210473_15483410.jpg
開幕は『鶴川グリーンエコーズ』の皆さん。ビーズをふんだんにあしらった半魚人、あ、失礼!人魚のような香港製のドレスです。
グリーンさんの特徴はステージ経験の豊富さとチームワークの良さでしょうか。堂々とした立ち姿もステキですが、音の出や強弱がいつもピタッと揃うところは本当に見事です。

そして宗先生の司会でステージは進み・・・

e0210473_1549660.jpg
第2ステージ目は『コール・エコー』の皆さん。シックなグレーのドレスにオリジナルのコサージュで決めてみました。
エコーさんの特徴はおおらかな明るい歌声、決して器用ではありませんが、聴いていて心が温かくなるのを感じます。コーラスを楽しむ原点はこんな所にあるのかもしれません。(・・・ちょっとホメ過ぎた?)

e0210473_15493651.jpg
休憩後は二団体の合同合唱。お互いの長所を伸ばし短所を補い合い、それぞれに無い新しい音色の演奏がとても魅力的でした。

宗先生、体調が悪いにもかかわらず熱演です。
e0210473_15495996.jpg

拍手が鳴りやまず、と言うより“予定通り”アンコールをIZUMIさんのソロ付きで聴いていただきました。
e0210473_15511392.jpg

出演者の皆さんで記念撮影。終わった後の皆さんの笑顔、いいですね!
e0210473_15513015.jpg
この日のIZUMIさんは、いつにも増して地味なIZUMIさんでした。
縁の下を支える地面のような、とでも申しましょうか、裏方を裏で支える、とでも申しましょうか・・・あれ?裏の裏って表???
[PR]
by izumihitori | 2011-11-12 16:04 | コンサート