「リスト」、「愛唱歌の会」そして「三輪」

またまた連想ゲームです。
「リスト」と「愛唱歌の会」と「三輪」の関係は?

「ピアノの魔術師」リストは一世を風靡する音楽界の風雲児でしたが、彼の娘もまた、時代の波に乗った知性と情熱を兼ね備えた女性だったそうです。
有名な指揮者のご主人との間に2人の子がありながら、あのドイツオペラ界の巨匠ワーグナーの音楽に傾倒し、彼との間に3人子どもを儲け、やがてはご主人と離婚、ワーグナーと結婚します。登場人物はすべて超有名人、しかもワーグナーはリストと2歳しか違わない年の差婚、今だったら、女性週刊誌の恰好のネタですよね。さぞやリストパパも手を焼いたことでしょう。
 
そんな二人が世間の目を逃れるように移り住んだのがここ、スイスのルツェルン郊外にあるトリプシェン荘、もちろんこの中の一部屋ではなく、丸ごと一軒です。
“世間の目を逃れる”と言う割には優雅で大きな家じゃありませんか、ワーグナーさん!
e0210473_23351064.jpg

e0210473_23435486.jpg
ワーグナーの使っていたピアノ・・・ふふふ、我が家と同じウッディ(木目調)のグランドピアノだわ。

e0210473_2347166.jpg
アップライトピアノには、2つの椅子が仲良く並んでいました。

庭からはルツェルン湖に出ることが出来、マイ・ボートが繋がれていました。
e0210473_23481044.jpg

ルツェルン湖の対岸には美しいルツェルンの町が見渡せ・・・
e0210473_23502985.jpg
“世間の目”はどうするのよ、こんな素敵なところで!

ところで今、愛唱歌の会では『児島高徳(コジマタカノリ)』を習っています。
ある一定以上の年齢の方は暗譜をするくらい良く知っている曲だそうで、みなさん歌いなれた調子で堂々と歌っておられますが、IZUMIさんは一定以下なので、「てんこうせんをむなしゅうするなかれ」「ときにはんれいなきにしもあらず」と言われても、何の事だか????

もう、感の鋭い方はお分かりになりました?あのワーグナーの奥さんになったリストの娘の名前も『コジマ』なのです。

では「三輪」はと言うと・・・私が結婚した当初、町田市三輪町に住んでいました。川崎市と横浜市に四方を囲まれた、いわゆる飛び地で、銀行、郵便局無し、1時間に1,2本のバスを乗り継いでやっと役所に辿りつけるという辺鄙な所。もちろんスーパーもコンビニもありませんでした。
そう、「町田の離れコジマ」と呼ばれていました。

はい、今日は「コジマ」のお話しでした。おそまつさま。
寒くなるとお肌が乾燥して、気になりますよね、コジワ・・・。
[PR]
by izumihitori | 2011-11-18 23:58 | ひとりごと