イタリアのクリスマス

クリスマスの時期のイタリアで、どこでも目にするのが、イエスさま誕生の場面をお人形で再現した『プレセピオ(もとは“聖家族”の意)』。教会や広場やショーウィンドーに飾られているプレセピオを見て歩くのも、楽しいものです。

何度かイタリアでクリスマスを過ごしましたが、中世の面影が残る町並みの中に,,厳粛にプレセピオが飾られているところは、本来のクリスマスのよろこびは一人一人の心の中にあることをあらためて思わせてくれます。
e0210473_23374267.jpg
これはバチカンのサン・ピエトロ広場に飾られた等身大のプレセピオ。12月24日までは空っぽの飼い葉桶だけが置いてあり、25日になったと同時に中に赤ちゃんを入れるのが習わしです。
e0210473_23365699.jpg
隣には大きなクリスマス・ツリー、これは毎年ベルギーやドイツなど外国からプレゼントされるそうですが・・・こちらの飾り付けは、あまり気合が入っていないような・・・。

プレセピオは12世紀から13世紀に活躍した聖フランチェスコが、文字の読めない人たちにもキリスト生誕を分かり易く説明するために飾り始めたと言われていますが・・・では、そのアッシジのフランチェスコ教会とそのプレセピオをどうぞ。
e0210473_23383513.jpg
e0210473_2339599.jpg

e0210473_23392562.jpg


ついでに、夏に旅したナポリの下町。プレセピオのお人形は主にここナポリで作られています。(岩槻のひな人形のようなもの?)
路地裏の小さな工房で、おじさんが大作に取り組んでいました。
e0210473_23455653.jpg
e0210473_23461863.jpg


暮れも押し迫った今日になってもまだクリスマスの話題ですか?ですって?
日本は25日過ぎるとそそくさとクリスマス・ツリーを片付けてしまいますが、外国では1月半ばまで飾っておく所が多いようです。
それって、日本は早くツリーをしまわないとお正月のお飾りを売るヒマが無いからなんでしょうか。
で、私も今日を境に期間限定の『ひとりごと』クリスマスバージョンを元に戻しました、見過ごしてしまった方、あしからず。

ではみなさん、よいお年を!
(「いいお年」と言われるとムッとするのに、「よいお年」と言われると素直に「はい、ありがとう」という気持ちになる私・・・)
[PR]
by izumihitori | 2011-12-30 23:49 | ひとりごと