「ほっ」と。キャンペーン

♪~夏が来れば思い出す・・・

~春は名のみの~風の寒さや~・・・なんてノンキに歌っているうちに時は移り、もはや春から初夏を迎えようという今日この頃、皆さんお変わりありませんか?
~夏が来れば思い出す~・・・そうそう、「ひとりごと」を書かなくては。
今日は久しぶりの更新です。

実は4月半ば、不肖IZUMIさん(無精IZUMIさん?)、いよいよFacebook(フェースブック)を始めることにしたのです。
ところが、「広げよう友達の輪!」と張り切ってはみたものの、いざ始めてみると、思えば私の周りはみなアナログ世代、携帯メールがやっとの方がほとんど。この『ひとりごと』も「息子に、パソコンのスイッチを入れたらすぐ見られるようにしてもらった」とか、「友達にプリントアウトしてもらって見ている」という方も多く、私のFacebook友達がチョ~少ないことに気が付きました・・・。

と言う訳で『ひとりごと』の重要性を再認識し、これからはもっとマメに入れていく所存でございます。(両方見られる方は、記事がダブることもありますがお許しを。)

2週間ほど前の話になりますが、ゴールデンウィークの半ば、友人と3人で苗場に行きました。
まずは定番の山菜採り。フキノトウとコゴミは山菜メニューには欠かせません。
e0210473_17171725.jpg
e0210473_17173844.jpg
アケビの芽は軽く茹でて生卵とお醤油でご飯にかけて食べます。これ、案外知られていないようですが、爽やかな苦みが何とも言えず、口いっぱいに春が広がるカンジ。
e0210473_1718329.jpg

翌日は、知る人ぞ知る、知らない人は全く知らない、とある秘密の場所に出かけました。林の中をしばらく歩くと木立がぽっかり開けて・・・
e0210473_17201652.jpg
ここは水芭蕉の群生地なのです。小川の流れに沿って可憐な水芭蕉が咲き競っていました。
e0210473_17203735.jpg
~夏が来れば思い出す~・・・思わず歌がこぼれます。

水芭蕉は「春の女王」とも「湿原の女王」とも呼ばれているようですが、水の上にどっしりと居座ったようなこのたたずまいは、「王女」「姫」と言うより、やはり「女王」の貫録ですね。
ちなみに、私のネットゲーム上のニックネームは「うたひめ」です。まだそれほど貫録は無いので・・・はい。
[PR]
by izumihitori | 2012-05-20 17:35 | 旅行