病院にて 3

昨年の春にバンコクでスイカジュースを飲んで以来、すっかりスイカにハマっています。利尿作用があって腎臓にもいい、と聞いてからは尚更我が家のスイカへの思い入れは増すばかり。大きなスイカを買って来てはジューサーにかけ、余った分は小分けして冷凍。溶けかけのスイカシャーベットは特にオススメです。

手術翌日のことです。
まだ水分摂取の許可も出ていない私は、CCUのベッドに起き上がり、ぼんやり周りを見渡していました。
「あ〜ノド渇いた!」「あ〜何か飲みたい!」
……まる一日半、何も飲んでないんですもの、思うは飲み物のことばかり。梅を望んで渇きを止む……いえ、止みません。

と、やがて看護師さんがそれぞれのベッドの患者さんに昼食を配り始めました。デザートのお皿には、夢かマボロシか真っ赤なみずみずしいスイカ!!うわっ、ラッキー!地獄にホトケ!渡りに舟!掃き溜めに鶴!(あ、これは違うかっ!)

「・・・」
ところが、いくら待っても私には来ません。
「あの〜私のお昼は・・・?」恐る恐る聞いてみると
「あ、宗さんは夕飯からで~す!」
ガクッ!ああ、逃がした魚は大きい!
今年の春、2度目の手術をしなくてはならないことが判明したのと同じ位のショックでした。
e0210473_19131697.jpg
今日の内容と関係ありませんが、早春、我が家の庭先で咲いたカワイイお花。
すいません、携帯にあまり写真が入ってなくて。こんなことなら他人のスイカの写真でも撮っておくんだった!あとの祭り。
はい、今日は故事でまとめてみました。
[PR]
by izumihitori | 2012-07-23 13:17 | ひとりごと