目からウロコの粉山椒作り

 我が家の山椒の木が今年も真っ赤な実を付けました。

e0210473_0182768.jpg
緑の葉っぱの陰から覗く可愛い実を、だだ地面に落してしまうのは勿体ない!

そうだ、粉山椒を作ろう!!

 さっそく脚立によじ登り、幹や葉の茎にイヤというほど生えているトゲと格闘しながら、なんとかザルいっぱいの実を採りました。
e0210473_0111927.jpg
(きゃ~IZUMI先生、心臓切ってまだ3ヶ月もたたないのに~何て事を!との悲鳴が聞こえて来そうですが・・・)

e0210473_0195764.jpg

 左側の房が採って間もない実。
 そして真ん中は前日採った実。1日乾燥させると・・・なんと赤いところがパックリと割れて、中から黒いつやつやの種が飛び出します。うわ~びっくり!すごいでしょう?今まで何年も面倒を見て来たのに、ちっとも知りませんでした。
 さて、この種は潔よく捨てて、残りの果実部分を乾燥させたら出来上がり。
 カラカラになった右側のこげ茶の実を茎(?)を取って挽くと・・・・今まで出会った事のないような痺れるような山椒の香りが部屋いっぱいに広がります。

 ほらね、アップでご覧いただくと・・・
e0210473_0273027.jpg
これが1日経つと・・・(これ上のと同じ房ですよ)
e0210473_0274745.jpg
そして5日後・・・
e0210473_0281587.jpg


 ね、ね、かわいいでしょう?「コーラス銀の会」や「コーラスいずみ」では黒板に絵を描いて説明しましたが、皆さん半信半疑でした。
 さあどうだ、「百聞は一見に如かず」でしょうが!
 あとは味と香りだな、「百見は一嗅ぎに如かず」
 みなさ~ん、ウナギの差し入れ待ってますよ~!その節には我が家の山椒をサービスしますね。
 「お味はどうざんしょう?」なんて言い添えたりして。
[PR]
by izumihitori | 2012-10-05 00:44 | 自然