念願のトルコ旅行<その2> カッパドキア

「念願」=その実施を常に願っていること。また、その願い。(三省堂/新明解国語辞典より)

十数年前にトルコを旅した際にはたったの3泊でギリシャに渡ってしまい、トルコは「旅した」と言うより「かすめた」と言うカンジでした。が、私にとって初めてのイスラム圏は刺激でいっぱい、しかもその前後から旅番組で奇岩の乱立するカッパドキアや青々とした温泉を湛えるパムッカレの石灰棚が注目され始め、以来、もう一度じっくり「旅してみたい」と願い続けていたのです。

念願叶ったトルコ旅行3日目、2012年12月25日、私たちはトルコ中部のカッパドキアに到着しました。迎えてくれたのは想像以上の迫力でそびえる奇岩の数々!一歩足を踏み入れるとまるで別世界に迷い込んだような不思議な空間が広がります。
e0210473_0465352.jpg

e0210473_047977.jpg

e0210473_0472055.jpg

このカッパドキアは、エルジェス山噴火の火山灰と溶岩が積み重なって出来た地層が風雨の浸食を受け、固い部分だけが残って出来上がった地形だそうで、紀元前6世紀後半から歴史書に登場しています。(“IZUMIひとりごと”もたまには教養を深めないと・・・)
e0210473_131635100.jpg
この後方に見える白い山がそのエルジェス山。ここまで火山灰が飛んで来たなんて、相当大きな噴火だったんですね。
一帯を見下ろすとこんなカンジ。
e0210473_051106.jpg

人々は岩をくり抜いて教会や住居を作り、今も生活をしています。
e0210473_0515981.jpg

中の一軒にお邪魔させていただきました。おままごとみたいでワクワクするでしょ?!
e0210473_0591973.jpg

e0210473_0593238.jpg

e0210473_0593979.jpg


あと数分で2014年も終わろうとしています。我が家は喪中なので新年のご挨拶は遠慮させていただきますが、皆さんにとって来年が素晴らしい年となりますように奇岩、あ、違った、祈願しております。

余談ですが、私たち、2013年の年明けはロシアで迎えました。
え?ロシアにも行ったんですか?って?
いえいえ、トルコから帰る飛行機の中、ちょうどロシア上空だったんです・・・。





[PR]
by izumihitori | 2013-12-31 23:56 | 旅行