2011年 09月 23日 ( 1 )

3月11日の東日本大震災の後、多くのイベントが中止される中で、麻生区恒例の“麻生音楽祭2011”は6月から7月にかけて、いつも通り開催されることとなりました。

避難所で助け合いながら規律正しく暮らす人たちの映像を見るにつけ、そう、今こそ地域に生きる人々の絆が問われる時だわ、音楽祭としてもなんとか地域の団結力に貢献したい!・・・そこで、今年は私の提案でチラシにスローガン(標語?)を入れる事になりました。
IZUMIさんイチオシは「音楽でひとつになろうNIPPON!」066.gif
実行委員で協議した結果、IZUMI委員長に逆らったらあとがコワイ?!と思ったのかどうか、私の案が採用され、これに決まりました。
今でこそあちこちで見かける標語ですが、4月上旬、まだACの同じコマーシャルばかりが流れていた頃にしては、結構斬新なフレーズだったんですヨ。

「音楽祭全体のチラシの他に、各部門のプログラムにも載せましょう!」と、熱く語っていたIZUMIさん。出来たチラシがこれです。
e0210473_265179.jpg

e0210473_274338.jpg


そして6月初旬、いよいよ“コーラスのつどい”のプログラムを印刷する段になり、IZUMIさん自らワードで表紙を作りました。
e0210473_2295281.jpg
さあ、プログラム1500部出来上がり!・・あれっ、「音楽でつながろうNIPPON!」?
あらためてチラシを見てビックリ!
私があんなに主張したスローガン、間違えちゃいました!
・・・関係者の皆さん、ごめんなさい。040.gif

でも、誰も気がつかなかったみたいだし(それとも言い出せなかった??)、今からでは文字通り“あとの祭り”ですね。

10月2日(日)には同じ麻生市民館大ホールで麻生区合唱連盟主催の『あさお合唱フェスタ』が開かれます。合唱連盟に加盟する19団体とゲストに町田市の混声合唱団CANORA(カノーラ)さんの演奏で13時半から18時近くまでコーラスに浸れますよ~。
もちろん、宗先生ご指導の『麻生女声合唱団』と『コーロ・アンダンテ』(どちらもIZUMI先生は“メゾのちソプラノ、時々アルト”の、最近のお天気のような流浪の民です。)、先日創立記念コンサートを終えたばかりの『コーラスいずみ』と『コーラス銀の会』も出演します。

e0210473_239432.jpg

こちらのチラシもIZUMIさん作、今度はスローガンこそありませんが、「音楽を通して仲間を作り、地域力を高めようではありませんか!音楽こそ世界共通の言葉です!」との思いは変わりません。
万障お繰り合わせの上、どうぞご来場下さいませ。

私は、棒の振り方と、歌詞を間違えて“あとの祭り”とならないよう、万全の準備で臨みたいと思っています・・・
[PR]
by izumihitori | 2011-09-23 02:41 | ひとりごと