カテゴリ:生活( 7 )

冬至に因んで

今日は冬至でございます。
先日、北海道出身の方から「冬至かぼちゃ」と小豆をいただきました。
e0210473_17473957.jpg
初めて見るユニークなこのかぼちゃ、フットボールのボールくらいの大きさです(あ、ウソです。私、フットボール近くで見たこと無いんでした!028.gif)。
渾身の力を込めて、固い皮を切ってみました。中は美味しそうなオレンジ色!!
e0210473_17513525.jpg

このかぼちゃと小豆をストーブでコトコト煮込むのが北海道厳冬期の風物詩だとか。早速、我が家でも白玉しる粉を作ってみました(^o^)/
e0210473_17522865.jpg
それにしても、おしる粉にしろケーキにしろ、自分で作ると、思い切り食べるのを躊躇しちゃいますよね。だって、「こんなにお砂糖使うんだ!」とあらためてビックリ、真実を知らない方が幸せだ、という典型です。

そうそう、日本では、冬至の時にゆず湯に入り、小豆や「ん」のつく物を食べると長生きする、と言い伝えられています。かぼちゃ(なんきん)もその一つ。みかん、リンゴ、たくあん、天ぷらなどなど。
よし、今日は特別だ!プリ、デコレーショケーキ、あみつ、おせべ、おまじゅう・・・







[PR]
by izumihitori | 2013-12-22 18:15 | 生活

新しい車が来ました。

5ヶ月前から注文していた車が、やっと来ました。
e0210473_202586.jpg

e0210473_204223.jpg

e0210473_205357.jpg

 何てきれいな色!木に実ったオリーブのような、みずみずしい黄緑色。
 ハイブリッドだから低燃費、今までの車の倍は走るらしい。
 アイサイトが付いていて、車をぶつけそうになったら勝手に止まってくれるのは、ちょっとそそっかしい私には有り難い。
 4WBで雪道も安心、スキーの時だけではありません、うちはすごい急坂を上った先にありますから。
 荷物もいっぱい積めます、旅行でお土産をたくさん買っても、ドッとかさ張るドレスを3着以上積んでコンサートに行く時でもこれなら大丈夫。・・・と、良い事ずくめです。

 ところが、仕事に行こうと思って乗った途端に、大変なことになりました。エンジンがかけられないのです!!ボタンを押す・・・あれ?ビクともしない。時間は迫ってくるのに、焦ること焦ること・・・何冊もある「取扱説明書」をバタバタと開き、やっと発進したのは10分後でした。042.gifトホホ。

 乗り心地がまたいい!と、快適に走リ始めたのも束の間、「ピピピッ」と警告音が鳴りました。「センターラインをオーバーしています」。また「ピピピッ」「前に障害物があります」。・・・そのにぎやかなこと!いちいち運転にダメ出しです。しかも暗くなると自動でライトが点き、雨を感知するとワイパーが勝手に動くそうで・・・。
 至れり尽くせりなのですが、ああ、こうやって人間の五感がどんどん退化していくんだわ、と思った瞬間でした。

 そう言えばIZUMIさん、電卓を買ったおかげで暗算が出来なくなってきたし、パソコンでメールを打つおかげですっかり漢字が書けなくなってしまいました。この前なんて、皆さんの前で黒板に「音楽祭」と書こうとして「祭」の字をド忘れ。もう15年以上も実行委員長をやっているのに、です。(あ、これ私の問題ですかぁ~。)

 退化しつつある私、車は色で見分けているので同じ色の車が並んでいると本当に困ります。主人に駅まで迎えに来てもらうとき、これまで何度我が家のと間違えて見ず知らずの銀色の車に手を振ってしまったことでしょう。市民館の駐車場で、ズラッと並んだ車1台1台にキーを向けて、ライトが点滅する車を探したことも1度や2度ではありません。
 皆さんがこの色の車を買わないよう、祈るばかりです。040.gif
[PR]
by izumihitori | 2013-12-13 02:08 | 生活

たとえば、一晩の演奏会でベートーヴェンの作品ばかりを集めて演奏するコンサートを『オール・ベートーヴェン・プログラム』などと称します。

先週、宗先生は仕事の合間を縫って新潟の山奥に出かけました。
目的はもちろん“山菜採り”。(ここ数年の宗家は、“自然を楽しむ”より“自然の恵みを楽しむ”方向に宗旨替えをしています。花より団子?!)
残雪に覆われた沢をさかのぼり、崖路をつたい、斜面に足を取られながら、頭上にかぶさる木々をかき分けかき分け・・・宗先生は、IZUMIさんオリジナルの“山菜・きのこ狩り用肩掛けバック”に納まらないほどの山菜のヤマを持って、足取りも軽く帰って来ました。
e0210473_10385215.jpg
            (同行したO氏が斜面でウドを採っているところ)

さて、その日の晩ご飯は・・・
『オール山菜プログラム 第1夜』
e0210473_1027193.jpg
アケビの芽の黄身和え。シオデのサラダ。山ウドの酢味噌和え。ワサビの塩漬け。山百合の根のチーズ焼き。ウルイのマヨネーズ和え。山ウドとコシアブラの天ぷら。(何て枯れた食事!)これに先日作った山椒の葉と蕗の炊き合わせ。

次の日も・・・
『オール山菜プログラム 第2夜』

e0210473_10353468.jpg
焼き根曲がり竹。山ウドの胡麻和え。ワラビのおひたし。山ウドの葉と豚肉の炒め物。根曲がり竹の煮物。たけのこ御飯。ワラビのお味噌汁。そしてこの日も大好きなアケビの芽の黄身和え。この日はこれに銀だらの西京漬けも付きました。

それにしても、写真に収めると、何とも地味なお食事ですねぇ。
昔は蕗やウドなんて、苦くて食べられなかったのに、いまはこの苦みが何とも愛おしい感じです。
(でも神様、私の人生で苦い経験は山菜だけにしてください!)

ところで、主人が同窓生の方たちと演奏会を開いた時も
『オール六十三才(サンサイ)プログラム』っていうのでしょうか?
[PR]
by izumihitori | 2012-06-14 10:41 | 生活

秋の庭

『三寒四温』というと、寒さと暖かさが繰り返しながら少しずつ冬から春に季節が移っていく、そんなイメージで使われることが多いと思いますが、本来は寒い日が3日続いた後に4日間さほど寒くない日が続くという、中国や韓国の冬の気候を表した気象用語だそうです。

このところ、土日になるとお天気が悪いですね、『二寒五温』ってところでしょうか。平日に溜まった洗濯物を土日にまとめて・・・あら?雨?ならば、来週こそは!・・・あら?また雨?・・・同じ間違えを毎週毎週繰り返し、かくして宗家の家の中は土日は洗濯物のノレンで華やかでございます。

が、そんな雨も我が家の庭には恵みの雨のようで、まずは“ひとりごと”でお馴染みの万願寺とうがらし
e0210473_11165088.jpg
この画面だけでも8本・・・探せましたか?
e0210473_11183554.jpg
今日の収穫です。

e0210473_22243584.jpg
シナモンバジル。ほのかなシナモンの香りがあり、玄関に飾ったりハーブティーにしたり。

e0210473_22394199.jpg
おくらって、こうやって実るって知ってました?

e0210473_11204582.jpg
扶養家族には、おチビちゃんが増えました。小さい方は私の小指くらい。

そして、レンガのスキ間で、こぼれダネから育ったド根性ルッコラがこんなに大きくなりました。サラダやパスタに美味しいんですよ。
e0210473_11221042.jpg
ああ、春先に植えた時には大きくなるのが待ちきれなくて、ヘニャヘニャとか細い葉が出てはすぐ摘み、出てはすぐ摘み・・・最近になって、この全貌が本来の姿だったのか、と初めて知った次第です。

みなさんも子どもの芽はすぐに摘み取らず、長い目で見て育てましょう・・・って今頃悟っても遅いか・・・30年早くルッコラ植えとけば良かった・・・。
[PR]
by izumihitori | 2011-11-07 11:25 | 生活

コスプレココア

子どもの頃、雨が降ると、家の中にこもって一人で“きいち”の「きせかえ」で遊んだものでした。箱の中に何枚もの切り抜きを入れて、今日はパーティー?それともお買い物?どんな服にしようか?バッグは?靴は?と、ワクワクした時を過ごしたのを覚えています。

今でも時々あの頃のトキメキを思い出し、ああ、着せ替え人形があったらなぁ~
・・・・あ、身近に居たわ、居たわ、何をやっても怒らないヤツが。

では、ココアの七変化です。

酉年の年賀状を飾った「にわとり」姿。
e0210473_12011.jpg


e0210473_182380.jpg
戌年の年賀状は犬なのに犬に変身。しかも相当オメデタイ犬に。

e0210473_193897.jpg
プーさんのお友だち、こぶたのピグレット。帽子がピグレットの顔になっていて、口からココアの顔が出るデザイン。まるでピグレットに丸かじりされているような・・・。

うさぎさんは、あまりタイプじゃなかったようで、チョー迷惑顔。
e0210473_1102823.jpg


てんとう虫では、やる気満々。
e0210473_111619.jpg

e0210473_1114872.jpg

皮膚に湿疹が出来た時はお医者さんにパラボラ・アンテナにされてしまいました。
だめよ~、そんな目で私に助けを求めたって。
e0210473_1165193.jpg

あ~あ、とうとうふて寝しちゃいました!
[PR]
by izumihitori | 2011-10-23 01:32 | 生活

中華街あれこれ

何を隠そう、宗家は、年に3回は必ず足を運ぶという大の中華街好きです。ご飯を食べて、おみやげにジャスミン茶と杏仁酥(ココナッツクッキー)、肉まん、大根餅などを買って帰る・・・これが、庶民派“宗家”のささやかな楽しみ。
e0210473_202239.jpg

午前中の『コーロ・アンダンテ』の後、久しぶりに横浜の中華街へ行きました。
さあ、今日はどこで食べようか・・・お店の前に出ている看板を見ながら、あれこれ迷うのもまた楽しみの一つです。
e0210473_1574243.jpg

今日は“北京ダック、フカヒレも入って1980円!”の文字につられて、ついフラフラと『食べ放題』に入ってしまいました。だって、このメニュー全128品が食べ放題ですよ!、しかもどれも美味しそう!・・・と思ったのが運のつき、「入ったからにはモトを取らねば」と庶民ぶりが頭をもたげ、二人で22皿、身動きが取れないくらい食べてしまいました。(IZUMIさんが宗先生と互角に食べたのは言うまでもありません。)

ああ、ドレスが入らなくなるからと、昨日“ダイエット”を誓ったばかりだというのに・・・でも美味しかったから、まあいいか、痩せるのは明日からにしよう!
(・・・と毎日決意を新たにしている気がする・・・)008.gif

ところで、バンコクにも中華街があります。こちらは観光地化してキレイにまとまった横浜中華街と違って、生活感が溢れ、まるで本場中国の市場に迷い込んだようなカンジ。外国に来てまで自分たちの生活文化を守ろうとする、中国人のたくましさを実感します。
e0210473_24498.jpg
e0210473_243348.jpg
e0210473_244921.jpg

フカヒレスープが美味しいと評判のお店に入りました。
e0210473_255319.jpg
その人気のフカヒレスープがこれ。フカヒレがかたまりでゴロゴロ入って約750円。コラーゲンでお肌がぷるぷるに!・・・なるはずでしたが、どうも1回では・・・。

e0210473_265251.jpg
ココナッツジュースは、ココナッツ1個をナタで割って、中のジュースをストローで飲むという素朴なスタイル。約100円!

路地の一角に建つ地元の人がお参りに訪れるお寺には、お線香の煙が絶えることがありませんでした。
e0210473_271660.jpg

私の大好きなバンコクが、今、洪水の危機に瀕しています。
東日本大震災の時には被災地の皆さんの為に何かをしたいと思いながら、何にも力にはなれず、私は小さな胸を痛めるばかりでした。
よしっ、今度は、せめてタイやバンコクの良い所をたくさん紹介して、洪水が引いたら少しでも多くの観光客が戻って来ることを願って、宣伝に一役買いましょう、有ること無いこと書いて。・・・いえ、もとい、無いことは書きません。

ところで、私はオペラや女声コーラスの時はメゾを歌っています。ソプラノは音が高くて血圧上がりそうだし、アルトは逆に低くてストレスが溜まりそう
・・・やっぱり歌うなら「ちゅうかん(中間)がいい」ですね!
[PR]
by izumihitori | 2011-10-21 11:53 | 生活

実りある生活

今日から4日間夏休み、これから苗場に行ってきま~す。
出かける前に我が家の庭で今日のおかずを採って来ました。
e0210473_11542543.jpg

狭い庭の隙間を縫うように植えてある「万願寺とうがらし」、炒め物やお澄ましに最高です。
最近では、ハイキングに行くのも収穫がないと気乗りがしない・・・と豪語する宗家は、ほかにもいろいろ育てていますよ。

「バジル」「イタリアンパセリ」イタリアンにはかかせません。
「トマト」は2種類。ところが、もうちょっと熟れるまで待とう..と楽しみにしていると、熟れ過ぎて皮がぱっくりはち切れてしまうこともしばしば。舌切り雀の欲張り婆さん、と呼んでやってください。
「レタス」「ルッコラ」「しそ」。
「なす」こちらは、大型プランターを買い、ナス用の土にナス用の肥料をまぜ、2本の高級苗木を買い・・・獲れたのはまだたったの2本!今のところ高い「なす」です。
「タラの芽」と「ふきのとう」目当てにタラと蕗も大切に育てています。
ただし、「オクラ」と「中国菜」とは気が合わず、完全に失敗。

さしあたって今日の収穫です。これ、持って出かけよう。
e0210473_1241335.jpg

ちなみにブルーベリーは老眼には効きません。毎日食べているのに、わたし、進んでいますから。

私がいない間も元気に実れよ〜!
[PR]
by izumihitori | 2011-08-12 12:04 | 生活