カテゴリ:コンサート( 27 )

 続々々報?!もう、いい加減にしてくださいよ!・・・との声が聞こえてきそうですが、もうワンセット、毎年写真を撮ってくださる方からも届きましたのでご紹介します。
 中には、皆さんが写っているショットもありますよ!
e0210473_0131358.jpg

e0210473_23384465.jpg
モデルはたいしたことありませんが、ライトがピアノやツリーに反射して、なんともロマンチックな写真になりました。
 
 では、前回に引き続きパパパの連写を。
e0210473_23411417.jpg

e0210473_23421123.jpg

 そして、バーベルを、あ、違った、IZUMIさんを無事持ち上げたあとの、ホッとしたところ。
e0210473_23461679.jpg


 そして、お待ちかね、皆さんの写真をお見せしましょう!!
e0210473_016411.jpg
どうです?特徴のある方は、すぐご自分だって分かるのでは?

 はい、今日の『ひとりごと』はこれでおしまいです。写真ばかりで、文章がこんなに少ないのは珍しいですね。

 そこで問題です。
 一生懸命歌っているのに、ちっとも歌にならない曲は何でしょう?宗先生が歌ってもやっぱり おなじ。

 その答えは・・・

『カタリ カタリ』!!!でした!

あ~あ、くだらない事を言って進歩の無いまま私の1年は過ぎていくのね~~。
[PR]
by izumihitori | 2013-12-28 00:26 | コンサート

 張り切って「トルコ旅行」のリポートを始めたものの、クリスマス・コンサートの写真をいただいたので、トルコは小休止してお約束通り舞台写真を掲載します。
 ご来場くださった皆様、写真を見ながら思い出してくださいね。来られなかった方々、どんなコンサートだったか想像してみましょう。
e0210473_2213861.jpg

 恒例のクリスマスツリー、今年はピンクでまとめてみました。

 第1部は古き良き時代の映画音楽です。「知っている曲ばかりで懐かしかった」とか「映画のストーリーを思い出して涙が出た(歌に感動した訳じゃないみたい…)」とか「IZUMI先生が歌いながら踊ったのが印象的」など、反響はさまざまでした。宗先生は濃紺の燕尾服とこの前タイでオーダーしたシャツ、私は自称オードリー・ヘップバーン風のドレスです。
e0210473_22182641.jpg

e0210473_22183515.jpg

e0210473_22184987.jpg

e0210473_22185693.jpg

e0210473_2219643.jpg

 第1部の後には抽選会。今年も舞台上のシクラメンやポインセチアをはじめ、IZUMIさんこだわりのプレゼントがいっぱい!当たらなかった方、また来年も来てくださいね、今度は当たるかも。
e0210473_22193510.jpg

 第2部はレハールのオペレッタから二重唱を3曲聴いていただきました。宗先生は昨年、これまたタイでオーダーしたシルクのシャツ、私はハンガリーをイメージしたドレス。それにしても写真を見るだけでどの曲のどの部分を歌っているかが大体分かる…これも29年の重みでしょうか?
e0210473_2220682.jpg

e0210473_22202279.jpg

e0210473_22203386.jpg

e0210473_22204197.jpg

 続く第3部はクリスマス・コンサートお馴染みのレパートリーから。
e0210473_2221445.jpg

e0210473_22211646.jpg

 そしてアンコールはこれまたお馴染みの「パパパの二重唱」。もともとオペラの中でも全身に羽根を付けたオウムの化身のような衣装で歌われることが多いので、IZUMIさん、小鳥かカナリアになったつもりでこのドレスにしました。え?まだヒヨコですって?
今日は「パパパ」の連写をご覧に入れます。宗先生の決死の覚悟を・・・。
e0210473_22215551.jpg

e0210473_2222698.jpg

e0210473_22221795.jpg

e0210473_22222870.jpg

 Oさん、Hさん、たくさんの写真ありがとうございました。
 そう、ワタクシ、「記憶に残るコンサート」ではなく、「記録に残るコンサート」を目指しています!
[PR]
by izumihitori | 2013-12-26 22:26 | コンサート

コンサートの第2部と第3部の写真をいただきました。写した本人曰く、「盗み撮り」だそうですが、舞台全体が入るようなショットを選んでいるあたり、余裕が感じられます。(今日載せた写真はそれをトリミングしてあります)
e0210473_10172395.jpg

e0210473_10173595.jpg

・・・ちょっとボケてるのはご愛嬌。

そして、本番中に独唱しているところを、お互いに舞台の袖から撮った一枚も大公開。
e0210473_10201192.jpg

e0210473_10202918.jpg
このボケ具合、これまたご愛嬌です。

え?「袖から写真撮るなんて余裕!」ですって?
撮る方も余裕ですが、宗先生がカメラを構えていることに気が付いて、伴奏者を見る振りをしてカメラ目線でポーズをとるIZUMIさんもなかなかのものでしょう。

いえ、それよりも、これから鶴川のポプリホールで本番だというのに、パソコンに向かってブログをいれているなんて、つくづく私は大物だと思います!

では、いざ出陣!行ってきま~~す!
[PR]
by izumihitori | 2013-12-20 10:28 | コンサート

 
e0210473_1958413.jpg
昨日17日、『第29回 宗孝夫&吉村泉 クリスマス・ホーム・コンサート』終わりました!!応援ありがとうございました。

 思い起こせば29年前の今月今夜、クリスマス・コンサートは始まりました。まだ麻生市民館が出来て間もない頃で、「駅前にホールがあるから、一回コンサートでもやってみようか」くらいのオキラクなスタートでした。
 宗先生はすでにいくつものオペラに主演したりソプラノの方とジョイントリサイタルを開いたり、と舞台で活躍しておりましたが、私は〇〇才のまだ駆け出し(声楽の世界では〇〇才は駆け出しなんです)・・・第1回目はそれはそれは緊張の連続でした。
 それが、まあ、こんなに長く続くとは、根性があると言うか、図々しいと言うか、気が長いと言うか、懲りないと言うか・・・あ、ひとえに皆様のおかげでした!

 コンサートの後、ブログに入ってないかどうか何度もパソコンを開けて下さる方のために、今日は開演前にドン帳の内側で撮った写真をアップしました。客席から写した写真が手に入り次第、またお知らせしますね。
[PR]
by izumihitori | 2013-12-18 20:30 | コンサート

 第29回『クリスマス・ホーム・コンサート』が2日後に迫って来ました・・・こんなダラダラと駄文を打って時間を使っているのも気が引けますが・・・まあ、ピアノやバイオリンと違って一日に何時間も練習出来ないところが声楽のいいところ、「喉を休めなくては!」と自分に言い聞かせてパソコンに向かっています。
 
 コンサートが近付くにつれて「今年はどんなドレス着るんですか~?」と聞かれることが多くなりました。女性の場合は特に、ドレスを楽しみに来てくれているようです。多分、毎回幕が上がるたびに「うわ~っ!」とどよめきが起こるのは、ドレスを見てのことですよね?(まさか私の顔を見て??それともどこか破れてたりして・・・?)

 そこで、今年後半のコンサート写真を公開しましょう。顔写りの良し悪しは無視、いまさら気取っても何十年ものお付き合いの皆さんには「全部御見通しだ!!」と言われそうですから。

 8月の宗声会。宗先生とIZUMI先生が指導している声楽のお弟子さんの発表会です。皆さんはオペラのアリアと二重唱をそれぞれ歌いました・・・が、その二重唱の相手役を先生が務めるので、私たちの出番の方が多かった、という自分の首を自分で絞める結果になってしまいました。
 ブルーのドレスはジプシーのお母さん役と、蝶々夫人の侍女役、私の持っているドレスの中で1,2を争う地味さ加減です。金と黒のドレスは侯爵夫人、皆さんの熱演を引き立てる、これまた地味な一品。
e0210473_22594890.jpg

e0210473_230040.jpg

e0210473_2301023.jpg

e0210473_230215.jpg

 
 8月末の伊豆・川奈ホテルでのコンサート。このドレスは重厚なクラシックホテルに合わせて選びました。ほら、ドレスなのかカーテンなのか分からないくらい同化しているでしょ?
e0210473_2351717.jpg

e0210473_2345673.jpg

e0210473_2352758.jpg

 さて、今年のクリスマスコンサートのドレスは・・・このブログをご覧の皆さんだけにソッとお教えしますね。
  第一部は「踊り明かそう」のオードリー・ヘップバーン風、第二部はレハールに合わせてハンガリー風、第三部は宗先生のために少しでも軽く・・・。 
 「???」その真意は知る人ぞ知る。知りたい人はコンサートへどうぞ~!





[PR]
by izumihitori | 2013-12-15 23:30 | コンサート

 12月5日(木)、今日は麻生老人福祉センターコーラス講座の発表会でした。
 総勢120名以上の方々が、今年10月から6回の講座を経てこの日を迎えました。では、本番前のリハーサル写真をどうぞ。
e0210473_042719.jpg

e0210473_0423289.jpg

 麻生コーラス講座で一番印象に残っているのは、数年前、長く続いてきた講座を次期から廃止する、と発表があった時のことです。
 平成3年から始まったコーラス講座は、100名の募集に対して常に150人前後の応募があり、抽選で3分の1は落とされるという人気講座(私が言うのもナンですが・・・)だったので、次期廃止が決まった途端に受講生の皆さんは大騒ぎ。毎週毎週、講座の後にほとんどの方が居残り、粘り強くセンターの方と交渉を続けてくれました。
 そう、今日こうして発表会が迎えられるのも、皆さんの情熱のおかげです!!あの時の皆さんのパワー、とても嬉しかったデスよ。
 なので私はそのお礼に、毎回それはそれは厳し~~く指導させていただいています。
e0210473_0542080.jpg

e0210473_0542789.jpg
e0210473_0543633.jpg

e0210473_0544510.jpg
それなのにこの余裕の笑顔!!まだ厳しさが足りなかったかしら?





[PR]
by izumihitori | 2013-12-06 00:58 | コンサート

おっといけない、ソウルの膨大な写真の量と格闘しているうちに、自分が音楽家であることを忘れるところでした!!しかも本番を間近に控えて切羽詰まった声楽家であることを。
e0210473_12344616.jpg
今更ですが、2013年12月17日(火)、『宗 孝夫&吉村 泉 クリスマス・ホーム・コンサート』のお知らせです。
毎年この時期新百合ヶ丘地方で、ごく一部の方々に恒例となっておりますこのコンサート、今年で何と第29回を迎えることになりました。「えーっ、29年目ですか?」はい、10代の頃からやってますから。
・・・ウソ。

今回のメインテーマは「映画音楽特集」。と言っても、「レ・ミゼラブル」や「タイタニック」などと言うシャレた曲ではありません。いわゆる「往年の名画」とでも申しましょうか、古き良き時代に皆さんが映画館に通って心ふるわせた映画のテーマ曲がほとんどです。
多分、皆さんにはいろいろな思い出のある曲だと思いますよ、一緒にこの映画を見に行った後にプロポーズされた、とか、この映画を見ている時に飲み物を服にこぼした、とか・・・。

そしてオペレッタの中から何曲かお届けします。そして、恒例の(ごく一部の人たちに)エルサレムや木星も歌います。

どうぞ皆さんお誘いあわせの上、お出かけください。私たちの歌を聴きに、私たちの顔を見に、私のドレスを楽しみに。

オマケ映像です。昨年はこんな雰囲気でした。心臓の手術をして半年後のちょっぴりスマートになったIZUMIさんを見てください。今年はどうかな?
e0210473_10554110.jpg

[PR]
by izumihitori | 2013-12-03 11:02 | コンサート

感謝のひととき

去る12月18日(火)、第28回クリスマス・ホーム・コンサートが無事終了しました。
e0210473_21284877.jpg
今年は1月に宗先生が入院、IZUMIさんは7月に大手術、と色々あり、二人とも健康面に細心の注意を払いながらのステージでしたが、皆さんの温かい拍手と眼差しに励まされながら、楽しく歌い終えることが出来ました。私たちが大声を出すたびにハラハラドキドキしてくださった皆さん、ありがとうございました。
まだステージ写真が届いていませんが、冬休みの間ヒマを持て余している方の為に、楽屋で撮った秘蔵写真を公開します!

第1部。
e0210473_21324286.jpg
心なしか、顔がキンチョウで引きつっているような・・・。

第2部。
e0210473_2134329.jpg
少し余裕の表情。

第3部。・・・第2部の終わった後に舞台袖で早着替え(多分、1、2分くらいで)をして慌てて舞台に飛び出したので、第3部の気取った写真はありません。
が、代わりにお客様の一人、Sさんが携帯で撮って下さった写真をお届けしましょう。
e0210473_21384214.jpg


そしてアンコールは、ここ数年封印していた『魔笛』の“パパパの二重唱”、これはTさんの、やはり携帯から。
e0210473_21452060.jpg
え?なぜ“封印”かって?・・・そりゃあ、宗先生の必死な表情を見ればわかるでしょう??今回封印は解いたものの、またしばらくは封印が続きそうです・・・目指せ、マイナス○○キロ!

12月中旬にしては好天に恵まれ、演奏も企画もそしてドレスもなかなか評判が良かったのでホッとしました。心臓の開胸手術から5カ月、このコンサートの開催に向けてコンディションを整えて来ましたので、これで気持ち良く年が越せそうです・・・あ、いやあ、大掃除は暖かくなってからしようっと。
ともかく、聴きに来て下さったすべての方々に、この時を与えてくださった神様に感謝します!

あ、タイトルの「感謝のひととき」って、間違えでした。歌とトークで2時間余り、「感謝のふたとき」でした!
[PR]
by izumihitori | 2012-12-22 22:04 | コンサート

コンサートのお知らせ

 あれよあれよと言う間に、12月も中旬に入ってしまいました。
もうすでにご存じの方も多いと思いますが、コンサートのお知らせをいたしましょう。

 来る12月18日(火)、『宗孝夫&吉村泉 クリスマス・ホーム・コンサート』が開催されます!!
e0210473_13253575.jpg
クラシック音楽を気軽に楽しんで欲しい、身近に感じて欲しい、と始めたこのコンサートも、今年で28回目を迎えることとなりました。
28年の間に演奏した曲は200曲以上、宗家の作詞や訳詞、オリジナルの編曲作品も数知れず・・・(宗先生がBBSに入れていますのでこちらもご覧下さい。私のとは違って格調高い文章ですヨ)・・・その幅広いレパートリー中から今年はスペインの歌曲やオペラを中心にお届けしたいと思います。
060.gif「瞬く星目指して旅を続け、ひとは出会いと別れを繰り返す」(宗孝夫作詞『木星』より)
今年お会いした方々、またご無沙汰してしまっている方々、はたまた宗家とは何のゆかりが無くても音楽のお好きな方々、はたまたまたクリスマス前にどこにも行くところの無い方々、華やかなイルミネーションで賑わう新百合でしっとりと音楽を・・・皆様、どうぞお出かけください。

 まあ、プログラムの中には何曲かは過去に歌った曲もあるのですが・・・じゃあ、暗譜がその分少なくて済む、とお思いでしょう?
とんでもございません、毎年楽譜とは出会いと別れを繰り返しているのですから、また一から出直しです。
[PR]
by izumihitori | 2012-12-09 14:02 | コンサート

 光陰矢の如し・・・
 正式な写真が届くまでに皆さんの脳裏からコンサートの記憶が去ってしまうといけないので、記録として残しておきます。

 10月23日(火)青葉台フィリアホールにて『メールクワイアAOBA 創立10周年記念 第4回定期演奏会』が開かれました。賛助出演は麻生女声合唱団。
指揮:宗孝夫先生、ピアノ伴奏:田中玉美先生、熊本智子先生、ゲスト出演はメゾ・ソプラノのIZUMIさん。

 第1部は男声合唱団「メールクワイアAOBA」さんのステージ。
チョー満員の客席の2階から、気の弱い(!)ZUMIさんがコソコソとI撮った写真です。お客様に「そこのオバさん、コンサートは撮影禁止ですよ!」、な~んて注意されたら「え?私、舞台メイクしてるのにフツーのオバさんにしか見えない?」って落ち込んじゃいますから、それはもう、ひっそりと。
e0210473_14213890.jpg
AOBAさんはいつもながら、素晴らしい音色!その声が作り上げる、年齢を感じさせない(?これ、褒めてナイ?)みずみずしく優しいハーモニーはAOBAさんの魅力の一つです。

 そして第2部。「麻生女声合唱団」がタンゴを4曲ご披露しました。
引き続きAOBAさんも加わって混声合唱で“紅葉”と“ふるさと”を演奏。譜めくりをしていたフツーのオバさんがやおら立ち上がってソロ部分を歌い出す・・・そんなサプライズを用意しましたが、皆さん、驚きました?
本番の写真がまだ出来てこないので、1週間前のゲネプロの時に撮ったものをどうぞ。
e0210473_14221022.jpg
e0210473_14222510.jpg
この時には、まさか私が途中から参加するなどとは夢にも思わず、のんびり客席でカメラを構えていたんですが・・・。
郷に入っては郷に従ってみました。

 出番を終えた麻生女声の皆さんと。明るく楽しそうなステージでしたよ!
e0210473_1423375.jpg


 そして第3部、男声合唱が3曲続いた後に宗先生のソロ入りの“からたちの花”(指揮はIZUMIさん)、そして・・・
e0210473_14483681.jpg
早変わりでドレスアップしたIZUMIさんのソロ+男声合唱の“落葉松”の演奏でした。
いやあ、素敵なおじさま方を従えて歌う気分は、格別でした!AOBAの皆さん、ありがとうございました。

 少年老い易く学成り難し・・・なのにAOBAの皆さんがほとんどの曲を暗譜で歌われたのには脱帽です!
後悔先に立たず・・・だって、皆さん、相当練習しましたもの、持てる力を存分に発揮できたことでしょう。
巧言令色少なし仁・・・いえいえ、今日私が褒めたのは、本心からの感想です!
出演者の皆様、宗先生、田中」さん、熊本さん、お疲れさまでした。
[PR]
by izumihitori | 2012-10-28 14:58 | コンサート