カテゴリ:コンサート( 27 )

10月2日(日)第16回あさお合唱フェスタが無事終わりました!
午前中に霧のような雨がササッと降り、皆さんの足元を心配しましたが、おかげさまで開演までにはすっかりお天気を取り戻し、暑すぎず寒すぎずのいいコンサート日和となりました。
出演合唱団の皆様、スタッフの皆様、そしてゲスト出演のCANORAの皆様、それぞれの先生方、お疲れ様&ご協力有難うございました。

宗声会関連では、「コーラスいずみ」「麻生女声合唱団」「コーラス銀の会」「コーロ・アンダンテ」が出演しました。それぞれに“こだわり”のある選曲で、各団のカラーがうまく出ていたと思います・・・う~~ん、メンバーのせいなのか地域性なのか、ホント、同じに指導しているつもりなのに色も味も好みも違う・・・だからコーラスって面白いんですね。

さあ、次は、
10月30日(日)、11月9日(水)、12月4日(日)・・・どの日に何があるかはホームページトップの「スケジュール」を見てくださいね。
「宗先生のホームページはずいぶん人をコキ使うのね!」いえ、違いますよ“人助け”です。頭のトレーニングのつもりでいろいろ開けてみてください。

と書いた後「スケジュール」を開けたら、11月9日は入ってなかったですね、スイマセン、これ、「コール・エコー」と「鶴川グリーンエコーズ」両エコー(エコーと言っても、歌がズレてるわけじゃありません)のジョイントコンサートです。
そして、うふふ、12月4日のチラシデザインが出来上がってきました。斬新かつモダン、ひと足早く“ひとりごと”に載せちゃおうかな?やめようかな?やっぱり・・・
やめよう、実物が出来てから公開します!

ところで、合唱フェスタの写真もまだ出来ないのよね。
では、銀の会の歌った『モルダウ』に因んで・・・「えーっ、またお墓の写真?」
残念でした、今度は美しく、『モルダウ川からプラハ城を望む夕景』。

e0210473_1394877.jpg

[PR]
by izumihitori | 2011-10-04 21:49 | コンサート

宗先生のホームページを一新することになり、昨日私たち2人、ホームページを作成・管理してくださっているTさんとお会いしました。近々デザインも写真も、またコンサートレポートの開け方も新しくなる予定、どうぞお楽しみに・・・017.gif

とすっかりやる気になっている時にタイミング良く、9月2日(金)『歌を愛する仲間たちの 創立記念コンサート』の写真がドッと届きました。
さっき久々に(ほんと、5年振りです)“コンサートレポート”にも入れましたが、『ひとりごと』にも残しておきたいので同じ写真をアップしますね・・・いえいえ、決して手抜きをしている訳ではありません、時は移ろい易いもの、何年か後に容量オーバーでどちらかが消されてしまったときの為の保険、だと思ってください。

061.gifでは、開演!

創立10周年の『愛唱歌の会』100名。指揮は宗 孝夫先生、ピアノはIZUMI先生。
e0210473_23263042.jpg

活動歴9ヶ月の『銀の会男声部』。指揮はIZUMI先生、ピアノは木谷充子先生。
e0210473_23282215.jpg

続く『コーラスいずみ』60名も創立10周年を迎えました。指揮IZUMI先生、ピアノは田中玉美先生。
e0210473_23301188.jpg

休憩をはさんで後半は創立20周年の『コーラス銀の会』61名。指揮は休憩中にお色直しをしたIZUMI先生、ピアノは木谷充子先生。
e0210473_233269.jpg

『コーラスいずみ』と『コーラス銀の会』合同で演奏しました。指揮IZUMI先生、ピアノは豪華に田中玉美先生と木谷充子先生の連弾。
e0210473_2334510.jpg

そして『愛唱歌の会』の皆さんもステージに上がり、3団体で合同合唱。
e0210473_23352676.jpg
指揮は宗 孝夫先生、ピアノはIZUMI先生。

最後の演奏を終え、ご来場の皆様、ありがとうございました・・・と、多分言っているところ。
e0210473_23362696.jpg

いやあ、楽しい演奏会でした。みなさん、お疲れさまでした。
[PR]
by izumihitori | 2011-09-24 23:42 | コンサート

9月17日(土)、文化の風コンサート『ブラームス、リスト&ベートーベン “愛とロマンへの旅”』が無事終了しました。音はお届け出来ないので、せめてプログラムの表紙を。
e0210473_16174517.jpg

千人のホールに、来て下さったお客様は九百数十人、ほぼ満員の盛況でした。
時折ザザーッと降る雨の中、足をお運び下さった方、朝から準備をして下さったスタッフの皆様、どうもありがとうございました。

出演は、早稲田桜子ちゃん(ヴァイオリン)、金子鈴太郎さん(チェロ)、佐々木祐子さん(ピアノ)のピアノトリオと私。
ピアノトリオの皆さん、とってもハイレベル!!充実した演奏で、舞台袖で聴いていた私も思わず胸が熱くなりました。

私はブラームスの歌曲集『ジプシーの歌』全8曲を歌いました。

そしてアンコールにはブラームスの『甲斐なきセレナーデ』とシューベルト『アヴェ マリア』を4人で演奏。
『アヴェ マリア』は、3月11日の東日本大震災で被災された方々に一日も早く心の平安が訪れますようにと、心をこめて歌わせていただきました・・・
いや、どの曲も心は込めたんですがねぇ・・・
う~ん、『アヴェ マリア』が決まったのはほんの1週間前なのに、しかもいきなりのシューベルトなのに、1回しか合わせていないのに、結局はこれが一番評判が良く、ちょっと複雑な気分です。

写真が無いのもなんなので・・・お話変わって、ウィーンの中心部から路面電車に20分位乗ったところに、中央墓地があります。その広大な敷地の中に大作曲家のお墓ばかり集めた一角があり、いつも世界中から音楽愛好家が訪れるそうで、私たちが行った時も、どこもきれいな生花で飾られていました。
e0210473_16185277.jpg
左がベートーベン、右はシューベルト、そしてIZUMIさん、ね、今回のコンサートにぴったりの写真でしょう?(ちなみに、真ん中はモーツァルト。モーツァルトは結局どこに埋葬されたか分からなくなってしまったので、お墓ではなく記念碑です。)

e0210473_16191738.jpg
そのすぐ近くにはブラームス。(となりはヨハン・シュトラウスです。)

先日の『IZUMIひとりごと』では“写真が来るまで待てないコンサート”を2度に渡ってお送りしましたが、今回はコンサート写真はあるのです、しかし、“写真はあるけど公表出来ないコンサート”になってしまいました。
なぜって・・・IZUMIさん、写り悪過ぎっ!008.gif
[PR]
by izumihitori | 2011-09-21 16:28 | コンサート

写真はまだ来ませんが、忘れないうちに書いておきたいコンサートをもうひとつ。

9月8日(木)ユリホールで行われた『ベルカントの会 おさらい発表会』は今年で第8回目になりました。
1年間に勉強した曲を、独唱や少人数のグループに分かれて演奏するもので、はっきり言うと「同じ曲を何度も聴かされる」、良く言えば、お互いに切磋琢磨、刺激し合いながら己を磨く、という一風変わった発表会です。

「桃、栗3年、柿8年」と言いますが・・・そうか、柿だったのか! 
今年のベルカントの会はグンと熟成度が高く、どの組もいいお味でした。去年から比べると皆さん飛躍的に成長されたようです。そうそう、IZUMI先生が土壌を整え、宗先生がいつも肥料をたっぷり与えていますからね、やっと実ってきたというか・・・。

ところで、麻生区の名産で「王禅寺丸」という柿があります。日本最古の甘柿の品種で、鎌倉時代に麻生区王禅寺の山中で偶然発見され、以来付近の農家で接ぎ木を繰り返しながらで大切に育てられて来たそうで・・・今でも柿生(新百合ヶ丘の隣駅)地区では秋になると枝いっぱいにたわわに実る王禅寺丸があちこちで見受けられます。(これも、時期が来たらIZUMIカメラマンが写真を撮って来て、皆さんにご披露しますね。)

王禅寺丸、コクがあって甘いのですが、小さくて種が大きく、品質にもばらつきがあるために今では市場からすっかり姿を消してしまいました。
え?「(器が)小さく」「品質にバラつき」?!・・・ベルカントの皆さんはそうならないように、目指せ全国区

では、お約束の写真を。
だっこ、だっこ、とすがった結果・・・
e0210473_1610781.jpg


めでたく宗先生の腕の中に納まり、ご満悦のココアです。
e0210473_1610358.jpg

[PR]
by izumihitori | 2011-09-15 16:12 | コンサート

『歌を愛する仲間たちの 創立記念コンサート』が9月2日(金)に行われました。写真が来てからブログに入れようと思っていましたが「光陰矢のごとし、記憶の衰退も矢のごとし」「少年老い易く、中年は(私のことデス)もっと老い易し」・・・忘れてしまうといけないので、まだ皆さんの記憶に新しいうちに文章だけは入れておくことにしました。

056.gif幕が開いて、まず目に飛び込んできたのは、舞台一面に咲いた花々のような会員約110名を誇る『愛唱歌の会』。“ウィーン、わが夢のまち”や“鎌倉”“ラルゴ”“愛の挨拶”など、どれも素敵な曲ばかり歌いました。全員がメロディーを歌えるのは合唱とはまた違った魅力ですね。宗先生のご指導通り、正統的で上品な、そして夢の溢れる演奏をしてくれました。

072.gif銀の会男声部はいつも本番の前に急遽結成される即席合唱団です。が、実は今年に入ってから3度目の大舞台でした。ヤル気もあるし、ノリもいい、チームワークが良くて声もいい・・・私としては機会があったらまた結成して欲しいな、と思っているのですが・・・。

058.gif『コーラスいずみ』は、はるばる宮前区から参加した約60名の混声合唱。この日の為に、いつもは月2回だった練習を4回に増やし、メキメキと実力を付けて来ました。歌に積極性が出て来て、先生にとってはうれしい限り。声がみずみずしくて爽やかな演奏でした。10月の『合唱フェスタ』も楽しみです。

067.gifそして、創立20周年を迎えた団員60名の『コーラス銀の会』。「麻生のシルバーコーラスの鑑たれ!」をモットウに、暗譜は当たり前、歌う顔から舞台マナー、鑑賞態度にまでIZUMI先生が口を出して20年間手塩にかけて温めて来た皆さんの演奏は、魅力的かつ堂々として立派でしたよ。6月半ばに音楽祭を終えたばかりなのに難しい新曲にチャレンジした意欲には脱帽です。

でも、こうしてみると、実は私も皆さんと共に育ってきたんですね。と言うより、皆さんに育てられて来たと感じる事が多々あります。音楽に対する熱意、曲に対するアプローチの仕方、レッスンを受けるときの真摯な姿勢、どれも皆さんに教えられました。

「朝から出ずっぱりでお疲れでしょう?」いえいえ、コンサートの帰りがけに皆さんの極上の笑顔を見て、「楽しかった!」と言っていただくと、疲れなんてフッ飛んでしまいますよ。
「IZUMI先生はタフですね~」とよく言われますが、それも、皆さんとの時間が在るからでしょう。
皆さん、お疲れ様、そして、ありがとう。

『IZUMI ひとりごと』では、ネタは有るけどいい写真が無いという時は、内容と関係なく、この子でお茶を濁すことにしています。
e0210473_3411224.jpg
我が家の癒し犬、ココアちゃん、黒にショッキングピンクのドレスで、ちょっと “悪女” 風に迫ってみました。
(どこがっ!?)
[PR]
by izumihitori | 2011-09-10 22:02 | コンサート

お待たせしました、コンサートの速報です。

8月29日(月)~30日(火)、1泊2日で箱根コンサートツアーに行って来ました。
コンサートと宿泊は『箱根・宮ノ下富士屋ホテル』、ずっと昔からあこがれていたクラシックホテルの草分け的存在で、今年で創業133年という歴史あるホテルです。
外観を見ただけで時の重みを感じ、建物に入ると明治建築の様式美を感じ、天井や壁の彫刻を見ながら、明治、大正の貴族社会はどんなリゾート生活を過ごしていたんだろうと、遥か昔に思いを馳せ、古き良き時代のヨーロッパ音楽の生演奏に耳を傾ける。
ね、夢のようでしょ?(もっとも、歌っている私たちは発声やら歌詞やら音楽表現が常に頭の中で交錯していて、夢どころじゃありませんでしたけど。)

e0210473_227786.jpg
ここがコンサート会場となる「カスケード・ルーム」、大正9年に建てられた、もとダンスホールだそうです。
桟に全部で43羽の白鳩の像がありますが、中に1羽だけ赤い眼をした鳩が居て、それを見つけると幸せになれるそうですよ。

ひとり占めしようかと思いましたが、はい、皆さんにも幸せをおすそ分け。
e0210473_2361887.jpg

客席の後ろは緑があふれた中庭です。
e0210473_2584021.jpg

本番前の緊張のひととき・・・そう見えないって??
e0210473_3194553.jpg

さあ、いよいよコンサートの始まりです。
e0210473_2133128.jpg

e0210473_238372.jpg


コンサートの後は恒例の集合写真。
まずは宮崎台乗車組。
e0210473_2385312.jpg

次は新百合ヶ丘乗車組。
e0210473_240121.jpg

お顔を出したくない方は申し出てくださいね、指名手配されているとか、お忍び旅行だとか・・・。最近、写真にボカシを入れるワザを身に付けたIZUMIさん、相談に乗ります。(ただし、シミ、しわの修正は出来ません)

まだ陽が高かったので、テラスに出てここでも記念撮影。
e0210473_2403677.jpg
この姿のままロビーを抜けて来たので、他のお客様から花嫁さんと間違われ
・・・・・・ませんでした。クシュン。
 
ディナーは、素晴らしい彫刻に囲まれた貸切のダイニングルームでフランス料理のフルコース。とっても上品なお味!
e0210473_2413556.jpg

e0210473_242434.jpg

部屋に戻れば、猫足付きのバスタブには箱根の温泉があふれ出る。窓からは箱根の山々からさわやかな涼風は吹き抜ける・・・

・・・こんなちょっとリッチな一日を、宮崎台と新百合からバスで来て下さった約50人の方々と一緒に過ごすことが出来ました。参加して下さったお一人おひとりに、御礼を申し上げます。
   
ところで、≪速報≫と言う割には2日も経ってからですかぁ~、しかも1日目だけ??!
というあなた、すみません、IZUMIさん、食べるのとしゃべるのは早いけど、筆は遅いんですよ。
ついでに言えば、人の名前を覚えるのは早いですが、歌詞はなかなか覚えないときています!
[PR]
by izumihitori | 2011-09-01 03:01 | コンサート


e0210473_114473.jpg

来る9月2日(金)、2時から麻生市民館大ホールで宗声会所属の3団体の創立記念コンサートがあります。

『宗声会』とは、宗孝夫先生、IZUMI先生の指導する合唱団・音楽グループの総称で、現在11団体が加入しています。
今年はその中の『愛唱歌の会』と『コーラスいずみ』が創立十周年、『コーラス銀の会』が創立二十周年を迎え、合同で記念コンサートを開催することになりました。

総勢約220名、斉唱あり混声合唱あり、また各団の演奏のほか『銀の会男声部』の男声合唱や、2団体または3団体の合同合唱もあります。
曲目もイタリア古典から映画音楽、ポピュラーまで色とりどり、変わり映えしないのは、全演奏に指揮かピアノ伴奏で参加するIZUMI先生くらいなものでしょうか。

e0210473_0482129.jpg


もちろん無料です。(それどころか、来ていただいた方に何か御礼を差し上げたいくらいです。)十年ひと昔、銀の会などはふた昔ですから、それはそれは重みのある演奏を聴かせてくれることと思います。
万障お繰り合わせの上、どうぞ足をお運びください。

演奏の後は、拍手をお忘れなく。上手に出来たらお褒めの拍手、ちょっとヘタだったら励ましの拍手、かなりヘタだったら・・・お義理の拍手を!

家庭の事情やご自分の病いなどを乗り越えて、ここまで歌い続けてきた皆さんに賞賛の拍手を!
そして何より、ここまで皆さんを引っ張ってきた宗先生、IZUMI先生にねぎらいの拍手を!!!
[PR]
by izumihitori | 2011-08-26 01:03 | コンサート