<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

マタタビもの

またたびモノと言ったら、全国を旅してまわる渡世人の話。が、今日はまたたび“物”のお話です。

おととい、宗先生は友人と山に出かけました。
目的は以前から目を付けていたムシコブマタタビがそろそろ収穫期を迎えるので、その採集です。
宗先生、体調がイマイチだったにもかかわらず7時間も歩きまわって、意気揚々と帰って来ました、袋いっぱいのムシコブマタタビを引っ提げて。
e0210473_1183548.jpg

『ムシコブマタタビ』、漢方に使われる貴重な実らしいとは聞いていたものの、マタタビの一種だ、くらいにしか知らなかったのでネットで調べてみました。

『つぼみの頃か、花の開く直前にマタタビアブラムシという小さな昆虫がマタタビの花に産卵すると、正常の形をした果実とはならず、こぶ状になります。これがムシコブマタタビです。』・・・
はあっ?・・・ってことは、“ムシコブ”って“虫瘤”って書くの?
切ってみると、中に虫の卵やさなぎが入っているそうな。
おえ~~っ、気持ち悪っ!し、し、知らなかったことにしよう!

1本の弦に、普通のマタタビとムシコブマタタビが付いているところ。
e0210473_1231499.jpg

普通のマタタビはこれで、
e0210473_123463.jpg

ムシコブマタタビはこれ。
e0210473_1241872.jpg
やっぱりちょっとグロテスク。

ま、昔、金メダルを何個も取った中国の水泳選手団、馬(マー)軍団が服用していたことで一躍有名になった冬虫夏草の例もあるし、この、虫入りマタタビも体にはとっても良いらしい。
と言うことで、早速ホワイトリカーに漬け、マタタビ酒を作りました。
e0210473_1245260.jpg
冷え性、神経痛、リューマチ、滋養強壮などに効き目があり、利尿、強心作用もあるそうです。出来上がりは3カ月後、あら、ちょうど『クリスマス・コンサート』の1週間前だわ、ようしっ、今年は大曲に挑戦しよう!

ところで、『猫にマタタビ』と言いますが、うちのアイーダちゃんは見向きもしませんでした、まったく下戸のようです。

では、最後に『ひとりごと』に久しぶりに登場のアイーダちゃんの写真をご覧ください。
17歳、人間にして84歳とも96歳とも言われていますが・・・ずいぶん長生きだと思っていたら、な~んだ、『いずみ』や『銀の会』ならみんな現役で歌ってるわ。
e0210473_1253168.jpg

でも、買って来たばかりの服(まだ値札が付いてます)に乗っかる趣味の人は、『いずみ』にも『銀の会』にも居ないわね。
[PR]
by izumihitori | 2011-08-27 01:30 | 自然


e0210473_114473.jpg

来る9月2日(金)、2時から麻生市民館大ホールで宗声会所属の3団体の創立記念コンサートがあります。

『宗声会』とは、宗孝夫先生、IZUMI先生の指導する合唱団・音楽グループの総称で、現在11団体が加入しています。
今年はその中の『愛唱歌の会』と『コーラスいずみ』が創立十周年、『コーラス銀の会』が創立二十周年を迎え、合同で記念コンサートを開催することになりました。

総勢約220名、斉唱あり混声合唱あり、また各団の演奏のほか『銀の会男声部』の男声合唱や、2団体または3団体の合同合唱もあります。
曲目もイタリア古典から映画音楽、ポピュラーまで色とりどり、変わり映えしないのは、全演奏に指揮かピアノ伴奏で参加するIZUMI先生くらいなものでしょうか。

e0210473_0482129.jpg


もちろん無料です。(それどころか、来ていただいた方に何か御礼を差し上げたいくらいです。)十年ひと昔、銀の会などはふた昔ですから、それはそれは重みのある演奏を聴かせてくれることと思います。
万障お繰り合わせの上、どうぞ足をお運びください。

演奏の後は、拍手をお忘れなく。上手に出来たらお褒めの拍手、ちょっとヘタだったら励ましの拍手、かなりヘタだったら・・・お義理の拍手を!

家庭の事情やご自分の病いなどを乗り越えて、ここまで歌い続けてきた皆さんに賞賛の拍手を!
そして何より、ここまで皆さんを引っ張ってきた宗先生、IZUMI先生にねぎらいの拍手を!!!
[PR]
by izumihitori | 2011-08-26 01:03 | コンサート

<その3>? タイの話はもう飽きタイ!・・・と言う皆様、ご安心ください。今日で『ごほうび旅行』は完結です。

バンコク3日目、現地で「水上マーケット観光ツアー」に参加しました。同行は新婚旅行らしきカップル1組と私。ほとんど貸し切り状態です。
バンコクから郊外に車で1時間ほど行った所でモーターボートに乗り込み、縦横無尽に走る水路をたどります。
e0210473_17395951.jpg

e0210473_17411551.jpg

次々と現れる熱帯植物、水上の家で生活する人たち、家の前で水浴びをする子どもたち、と、いかにも東南アジアらしい暮らしが両岸に広がります。さすがに25年程前に来た時に普通に見られた、お世辞にもキレイとは言えない川の水でオバさんたちが食器や野菜を洗っている、という光景はなくなりましたが、それでも南国情緒はたっぷり。
e0210473_17404787.jpg


水上マーケット入口で、今度は手漕ぎボートに乗り換えました。狭い運河は物売りの小舟と観光客で大渋滞!行って帰って来るまでに思いのほか時間が掛かってしまいましたが、風物を楽しみたい私は「こんなに長く乗ってて同じ料金?」、はい、大変得した気分です。
e0210473_17422986.jpg

e0210473_17442131.jpg


ところでウィーンのプラター公園にある大観覧車、人が乗り降りする時だけ停まるシステムになっていて、あれ、すいてると損じゃありませんか??夜に行ったらアッと言う間に一周してしまいました。

バンコク市内に戻る途中で象の牧場(と呼んでいいの?)に寄ってもらい「象乗り」も体験しました。自然の中の道をゆったり歩く象クンが途中で木の枝を折って遊んだり、バナナを食べたり、川を渡ったりとワイルドなコースで、気分は象使い!
e0210473_1745111.jpg

e0210473_17453523.jpg
これは後続の象サン。(私たちとは違う観光グループです。)

それにしても、一緒だった新婚さん、風情を味わうでもなし、おみやげを買うでもなし、象に乗るでもなし、覇気が無いなぁ~、それともアラカンの私が張り切り過ぎ??

象に乗った次の日、私は成田行きの飛行機に乗り、無事帰って来ました。旅の余韻を噛みしめたのも束の間、着いたその日に森山良子さんのコンサートのリハーサル、翌日と翌々日に本番、と、すぐに日常生活に戻ってしまいました・・・。

ところで、4月の歌曲のコンサートを乗り切った“ごほうび”にと計画したこの旅行、コンサート中止で、労せずしてごほうびだけを手にしてしまいニンマリしていたところ、今になってツケが回って来ました。同じ内容のコンサートを9月17日にやることになったのです。
半分以上覚えたはずのドイツ語は飛行機と共にはるかベトナム・タイに置いてきてしまったらしく、私はまた暗譜地獄でございます。
ああ、またニンジンが欲しいわ!
[PR]
by izumihitori | 2011-08-23 17:47 | 旅行

昨日8月19日、愛唱歌の会を指導した後、新橋演舞場の『八月花形歌舞伎』に行きました。
先週は第一部の「花魁草(おいらんそう)」と「櫓のお七」を観劇しましたが、今回は第三部の「宿の月」と「怪談乳房榎」。どの演目も素晴らしかったのですが、特に「乳房榎」は勘太郎の“一人四役早替わり”が見どころ、先日テレビで勘太郎さんのインタビューを見て以来、この日を楽しみにしておりました。

e0210473_2113518.jpg
開演前、お席でくつろぐ宗先生。花道って、女形の役者さんが通る時、とってもいい匂いがするんですよ。お化粧の匂いなのか、お香を忍ばせているのか・・・。

「怪談乳房榎」の原作は六代目三遊亭円朝の怪談噺だそうですが、ほんの数秒で衣装、鬘、人物描写が入れ替わる面白さ、舞台上に本物の滝が流れる演出、スタッフのチームワークの良さに、思わず舞台に引き込まれました。
それにしても、人のいい下男の役は、“そのまんま東”さんにしか見えないんですが、そう思うのは私だけでしょうか?ま、それと貫録ある絵師と悪人と、そして落語家とを演じ分ける勘太郎の芸に惚れ惚れです。

が、今だから言おう、歌舞伎への素朴な疑問。宝塚と違って歌舞伎の世界は幹部クラスのほとんどが肉親関係ですが、兄弟でラブシーンするって、どうなんでしょう?中にはおじいちゃんが女形で、恋人役が実の孫だったりして、それってどうよ?・・・いかんいかん、日本の伝統芸能に向かってその様な不謹慎な発言は!!

e0210473_21154975.jpg
話変わって、フランスはロワール地方にあるシャンボール城には有名な二重らせん階段があります。一説にはダ・ヴィンチの設計とも言われていますが、相手とすれ違うことなく昇り降りが出来るそうです。同じように、会津若松の“さざえ堂”も二重構造になっていて・・・は?で、歌舞伎とどんな関係が?

今日はカイダンのお話でした~!
[PR]
by izumihitori | 2011-08-20 21:16 | ひとりごと

バンコクの旅の目的の一つが、宗先生のシルクのタキシードをオーダーすることでした。何年か前にバンコクの二ヶ所で作ったタキシードがとても良かったので、おととし来た時にもう一度作ろうとお店を探したのですが、両方とも閉店になっていました。
そこで今回はガイドブックとネットで良いお店を入念に調べ上げ、サイズ確認のために宗先生愛用のタキシード持参でやって来た訳です。

ところが聞くのと見るのは大違い、有名店なのにダサかったり縫いが雑だったり、カッコはいいけどめちゃくちゃ高かったり、どう見てもホストクラブだったり……。
結局1日中歩き回って、ようやく気に入ったお店を3軒見つけ、計タキシード2着、ドレスシャツ2枚をオーダー、やれやれ。(ちゃっかりと私のスーツも頼んじゃいました。)

歩き疲れたあとは、私のお気に入りのお店「マンゴータンゴ」で“マンゴーサンデー”。熟れたマンゴーと生クリームの組み合わせは……う~ん、シアワセ!
e0210473_18395436.jpg


ついでにもう一つの私のお気に入り“スイカのシェーク”を紹介しましょう。タイではポピュラーな飲み物ですが、インター・コンチネンタル・ホテルの日本食屋さんのは特にオススメです。
e0210473_2132204.jpg



え?タキシードはどうなったかって?その日のうちに出来上がり、ちゃんとホテルまで届けてくれました。Good job!
4月29,30日の森山良子さんのコンサート、6月のキューピー・ママさんコーラス大会、麻生音楽祭で宗先生が着ていたのがこの時の2着です。
e0210473_1841681.jpg

[PR]
by izumihitori | 2011-08-18 21:02 | 旅行

8月9日<ベトナム編>の続きです。

今年の4月24日、ハノイで3泊した私は、次の目的地バンコクに向かいました。
東南アジアの中でもバンコクは私の大好きな街のひとつです。電車の路線だって東京の地下鉄より詳しいですよ。(だいたい東京の地下鉄って、ちょっと目を離すと知らない間にどんどん新しい路線が増えていて、戸惑いますよね。しかも私が中学・高校の頃に良く利用した丸ノ内線でさえ、この前乗ったら、断りも無しにホームに柵とドアが出来ていて「丸ノ内線よ、お前もか!」と言う気分でした。)

荷物を置いて初めに行ったのは、土・日だけ開かれる「ウィークエンドマーケット」。狭い敷地に約1万5千店以上の工芸品や雑貨、洋服などのお店がひしめき合い、まるでおもちゃ箱をひっくり返したよう。タイ最大の市場だそうで、こういうの、私の血が騒ぐというか…韓国でも台湾でもドイツでもスペインでも世界の市場巡りは私のライフワークだなぁ~。

e0210473_1459112.jpg
これはペット売り場、ココアと同じシーズーのおチビちゃんたち。おめかしして、優しい飼い主の現れるのを待っているところです。
あっ、目が合っちゃった!でも、連れて帰れないのよ、ごめんなさ~い!

e0210473_14595148.jpg
疲れたら、かき氷でひと休み。見るからに危なそうですが、幸いオナカはこわしませんでした。

夕方は水上バス(乗り合い船)でワット・アルン(暁の寺)へ行きました。三島由紀夫の小説の題材にもなったところで、対岸から見る、夕陽に映える寺院の塔が素晴らしいとか……。まずは入場。
e0210473_150297.jpg
e0210473_1505176.jpg
前回来た時よりモザイクのタイルが薄汚れ(失礼)、落ち着きと風格が出て来たように思います。
e0210473_1511245.jpg


さて、いよいよ日が傾いてきました。缶レモンティー1本で対岸のカフェに陣取り、日没を待ちます。
e0210473_1525584.jpg


約1時間後、
e0210473_1535757.jpg

かくして私のバンコク第1日目は暮れて行くのでありました。
[PR]
by izumihitori | 2011-08-16 15:06 | 旅行

♪〜おお、自然よ

宗先生の持ち役であるマスネ作曲の『ウェルテル』に、「おお、自然よ」と言う美しいアリアがあります。ウェルテルが友人のパーティーで、彼らを取り巻く自然の素晴らしさ、偉大さを歌う場面です。

今、苗場にいます。早速たまご茸4本ゲットしました〜!
ふわふわの卵状の石附から生まれてきた真っ赤なたまご茸、生後1~2日目くらい。
e0210473_104566.jpg


それが1日も経つと傘が開いて……
e0210473_112217.jpg
どちらも、チーズ焼きで美味しくいただきました。

そして、沢沿いの自然林を歩くと・・・
e0210473_1125047.jpg
遊歩道のすき間からスクスク伸びたド根性ワラビ。

e0210473_1131671.jpg
八月も半ばだというのに、こんなにたくさん採れました。

自然の恵みに感謝!
ウェルテルは自然の素晴らしさに、シャルロッテの飾り気のない自然体の純粋さを重ね合わせて、彼女に心を奪われたようですが・・・すぐ食べ物と重ね合わせてしまう私たち、動機が不純でしょうか?

夕立の後、空いっぱいに大きながかかりました。二重になっているところ、写真でお分かりいただけますか?
e0210473_10584887.jpg

[PR]
by izumihitori | 2011-08-14 21:33 | ひとりごと

実りある生活

今日から4日間夏休み、これから苗場に行ってきま~す。
出かける前に我が家の庭で今日のおかずを採って来ました。
e0210473_11542543.jpg

狭い庭の隙間を縫うように植えてある「万願寺とうがらし」、炒め物やお澄ましに最高です。
最近では、ハイキングに行くのも収穫がないと気乗りがしない・・・と豪語する宗家は、ほかにもいろいろ育てていますよ。

「バジル」「イタリアンパセリ」イタリアンにはかかせません。
「トマト」は2種類。ところが、もうちょっと熟れるまで待とう..と楽しみにしていると、熟れ過ぎて皮がぱっくりはち切れてしまうこともしばしば。舌切り雀の欲張り婆さん、と呼んでやってください。
「レタス」「ルッコラ」「しそ」。
「なす」こちらは、大型プランターを買い、ナス用の土にナス用の肥料をまぜ、2本の高級苗木を買い・・・獲れたのはまだたったの2本!今のところ高い「なす」です。
「タラの芽」と「ふきのとう」目当てにタラと蕗も大切に育てています。
ただし、「オクラ」と「中国菜」とは気が合わず、完全に失敗。

さしあたって今日の収穫です。これ、持って出かけよう。
e0210473_1241335.jpg

ちなみにブルーベリーは老眼には効きません。毎日食べているのに、わたし、進んでいますから。

私がいない間も元気に実れよ〜!
[PR]
by izumihitori | 2011-08-12 12:04 | 生活

今年の4月15日“文化の風コンサート”で、ブラームスの歌曲ばかりを10曲歌うことになっていました。うち8曲はまだ人前では歌ったことがない、というIZUMIさんの意欲的なプログラム!
下降気味の記憶力でヤマの様なドイツ語を暗譜するにはどうしたら・・・そう、目の前にぶら下げるニンジンが必要だわ、それがハノイ&バンコク旅行でした。
・・・震災の影響でコンサートは中止になってしまいましたが、4月末にしっかりニンジンだけはいただきましたよ。

それでは、私にとっては未知の国だったベトナム・ハノイのハイライトをお見せしましょう。
空港~ホテルの送迎は付いているものの、あとはまったくフリーの気ままなひとり旅です。

まずは車と人の喧騒混沌にカルチャーショックを受けました。
e0210473_22163969.jpg
信号無視は当たり前、車とバイクの間を縫って、平然と大通りを渡る人たち。
e0210473_22182474.jpg
なんと、道路の真ん中にお店まで広げる始末です。
ベトナム人恐るべし!

さて一夜明けて、いよいよハノイ中心街へ。
外国へ行って何が面白いかって、その国の人たちの文化と暮らしぶりを肌で感じ、そこで暮らしているように過ごすこと、ですよね。
e0210473_22271352.jpg

e0210473_22292046.jpg

半日もすると道路を渡るコツも会得し、シルク専門店を回ってスーツとワンピースをオーダーし、旧市街の市場でベトナム小物をちまちまっとお買い物、ベトナム料理も食べ尽くしました。

このときのスーツがこれ(本当はヒザ丈のスカートがあるのですが、思ったより足が太かったので上着だけにしました・・・)。
e0210473_22541671.jpg


旅行に行くとほとんど歩き回りっぱなしのIZUMIさん、ハノイ名物の「水上人形劇」へも行きました。
e0210473_1245171.jpg

e0210473_1241324.jpg
e0210473_2334257.jpg

e0210473_2355850.jpg
幕の後ろで1時間近くもお人形を操っていた人たち・・・ずっと水に浸かって、トイレに行きたくならないのかしら・・・

次の日、ハノイからタクシーで30分くらいのバッチャン村へ。ここは焼き物の村として有名です。
e0210473_23162471.jpg

お店の裏の工場ではバーチャンではなく、ネーチャンが絵付けをしていました。
e0210473_2318888.jpg

可愛い湯呑み1ヶ400円、さすが、本場は安いわ~と喜んで買ってきましたが・・・後日うちの近くのダイソーで100円で売っているのを発見・・・トホホ。

日本ともヨーロッパとも違う文化圏、とても新鮮で楽しかったデス。みなさんもぜひ一度。ただし、交通事故にはくれぐれもご注意くださいね・・・かく言う私、せっかく去年手術をしてお金もヒマもかかっているので、もう3~40年くらいは長生きしないとモトが取れないからね~、と、結構必死で道を渡っていましたが。

では最後に私のポートレートを。
ハノイ市内の鎮国寺。
e0210473_130389.jpg
さんざ歩き回った後なのです、国よりまず、どうぞ私の足の筋肉痛を鎮めてください~。

そして、一柱寺。一本の柱の上に建てたお寺は、国花であるハスの花をイメージしているそうです。
e0210473_234110100.jpg

ん・・・この顔、思ったより疲れてる!
[PR]
by izumihitori | 2011-08-09 23:36 | 旅行

 みなさんこんにちわ。
IZUMIひとりごとを再開することにしました。なぜ今さら?って?・・・
皆さんからのご要望が多くて~・・・と言ってみたいところですが、単に新しいサイトの更新の仕方が分かったから。
それぞれの合唱団が夏休みに入り、皆さんのお顔が見られなくて寂しいから~・・・と言いたいところですが、単に私がしゃべりたいから。
これからは、「ひとりごと」の名に恥じないようにストーリー性無し、意外性無し、オチ無し、文学性無しの「ひとりごと」を繰り広げていきたいと思います。よろしくね!

まずは今月29日~30日に1泊2日で出かける「箱根コンサート・ツアー」のお知らせ。
1日目。星の王子さまミュージアムに行きます。
実は星の王子様についてはIZUMIさん、一過言あり、このミュージアムが出来てすぐ3回も通いました。(今年下見で4回目、まだ飽きません・・・。)
あの時はサン=テグジュペリにちなんでモロッコへ旅行したっけ。同時期に買った車の名前は「カサブランカ」(スバルの限定車でした)、もちろんミュージアムショップで買ったイラスト入りのお皿とカップは今でもご愛用。
はい、ご存じの通り、宗家は夫婦揃って凝り症なのです。
e0210473_16541611.jpg


コンサートは箱根富士屋ホテル、知る人ぞ知る130年の歴史を誇るクラシック・ホテルです。
e0210473_1785098.jpg

そして、私たちがコンサートをするホールはコレ。壁と天井の境の桟には白い鳩の彫刻。
e0210473_21382126.jpg

また、写真にはありませんが、広間の欄間や階段も素晴らしい明治時代の装飾美にあふれています。

おっと、いけない、こんなに写真を入れてしまったらコンサートツアーが終わった後の「ひとりごと」に書く事がなくなってしまう!

では、今日はこの辺で。続きが気になる人、またこのコーナー見に来てくださいね。





 
[PR]
by izumihitori | 2011-08-07 17:14 | ひとりごと