<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 光陰矢の如し・・・
 正式な写真が届くまでに皆さんの脳裏からコンサートの記憶が去ってしまうといけないので、記録として残しておきます。

 10月23日(火)青葉台フィリアホールにて『メールクワイアAOBA 創立10周年記念 第4回定期演奏会』が開かれました。賛助出演は麻生女声合唱団。
指揮:宗孝夫先生、ピアノ伴奏:田中玉美先生、熊本智子先生、ゲスト出演はメゾ・ソプラノのIZUMIさん。

 第1部は男声合唱団「メールクワイアAOBA」さんのステージ。
チョー満員の客席の2階から、気の弱い(!)ZUMIさんがコソコソとI撮った写真です。お客様に「そこのオバさん、コンサートは撮影禁止ですよ!」、な~んて注意されたら「え?私、舞台メイクしてるのにフツーのオバさんにしか見えない?」って落ち込んじゃいますから、それはもう、ひっそりと。
e0210473_14213890.jpg
AOBAさんはいつもながら、素晴らしい音色!その声が作り上げる、年齢を感じさせない(?これ、褒めてナイ?)みずみずしく優しいハーモニーはAOBAさんの魅力の一つです。

 そして第2部。「麻生女声合唱団」がタンゴを4曲ご披露しました。
引き続きAOBAさんも加わって混声合唱で“紅葉”と“ふるさと”を演奏。譜めくりをしていたフツーのオバさんがやおら立ち上がってソロ部分を歌い出す・・・そんなサプライズを用意しましたが、皆さん、驚きました?
本番の写真がまだ出来てこないので、1週間前のゲネプロの時に撮ったものをどうぞ。
e0210473_14221022.jpg
e0210473_14222510.jpg
この時には、まさか私が途中から参加するなどとは夢にも思わず、のんびり客席でカメラを構えていたんですが・・・。
郷に入っては郷に従ってみました。

 出番を終えた麻生女声の皆さんと。明るく楽しそうなステージでしたよ!
e0210473_1423375.jpg


 そして第3部、男声合唱が3曲続いた後に宗先生のソロ入りの“からたちの花”(指揮はIZUMIさん)、そして・・・
e0210473_14483681.jpg
早変わりでドレスアップしたIZUMIさんのソロ+男声合唱の“落葉松”の演奏でした。
いやあ、素敵なおじさま方を従えて歌う気分は、格別でした!AOBAの皆さん、ありがとうございました。

 少年老い易く学成り難し・・・なのにAOBAの皆さんがほとんどの曲を暗譜で歌われたのには脱帽です!
後悔先に立たず・・・だって、皆さん、相当練習しましたもの、持てる力を存分に発揮できたことでしょう。
巧言令色少なし仁・・・いえいえ、今日私が褒めたのは、本心からの感想です!
出演者の皆様、宗先生、田中」さん、熊本さん、お疲れさまでした。
[PR]
by izumihitori | 2012-10-28 14:58 | コンサート

我が家の山椒物語

 ふっふっふ、いよいよその真価を発揮する時がやって来ました。
 ジャーン!
e0210473_22312473.jpg
どうです、この特大のうなぎ!さ、これに我が家特製の粉山椒をパラパラッと振りかけて・・・
あたり一面に広がるい~~い香り!!うなぎの味も一段と引き立ちます。山椒よ、ありがとう!
 そう、市販の粉山椒に比べれば月とすっぽん、インスタントコーヒーと挽きたて焙煎コーヒーって感じ(ああ、私も「違いの分かるオトナ」になったなぁ~)。

 実は我が家の山椒の木には秘められたお話があるのです。
 かれこれ二十数年前、引っ越したばかりの我が家の庭に山椒が芽を出しました。多分ここを宅地にする前に自生していたヤマ山椒だろうとのこと。日当たりのいい場所に移し替え、大事に大事に育て上げ・・と言いたいところですが何もしないのに勝手に大木に生長しました。
 葉や実はちょこちょこっとお料理に使ってはいたものの、たいして有り難みも感じず、枝を切ったり近くを通るたびにトゲをひっかけ痛い思いをしては、むしろ邪魔者扱い。

 そんな山椒も今年は特にたくさんの実を付けました。
e0210473_23154.jpg
かわいいヤツでしょ?近年、山菜やキノコ、木の実などに興味が出ている宗家のIZUMIさん、やっと我が家の山椒にも目覚め、
e0210473_239738.jpg
今年は気張ってザルに8杯もの実を収穫し、佃煮やじゃこ煮を作りました。
e0210473_2395021.jpg
葉っぱももちろん佃煮に。

 ところが「来年も楽しませておくれ!」と思っていた矢先の7月半ば、私の入院中に強風で山椒が根元から倒れてしまったのです!根の半分以上は地面から浮き出し、ほんの少しの根だけで立っている状態だと宗先生から聞きました。
 さあ大変!病院から携帯で植木屋さんに助けを求め・・・でも、ちょうど忙しい時期らしく、いつまで待っても植木屋さんは来てくれません。退院してからも数日、日に日に枯れていく山椒を見ながら、どんなにさびしい思いをしたことでしょう。
 すんでのところで間に合って、一命を取り留めた山椒・・・その木に残っていた赤い実から作ったのがこの粉山椒です。
 ね、それ聞くと、余計美味しく感じるでしょう?

 ところで、緑の粉山椒は春に採った実から作ると聞き、冷凍してあった緑の実を取り出してみました。
e0210473_23314957.jpg
するとビックリ!1日経ったらやっぱり同じように中から種が飛び出してきました。
e0210473_23331153.jpg

ああ、20年以上も、あなたはこうやって生きていたのね・・・

 はい、これが我が家の山椒物語です。思わず熱く語って、長くなってしまいましたね、ご清聴ありがとうございました。
 実は、我が家の山椒が美味しく感じる訳がもう一つあるのです。
 それは・・・植木屋さんに補強を頼んだら1万4000円もかかったからデス!!
[PR]
by izumihitori | 2012-10-11 23:40 | ひとりごと

観劇三昧

先週10月3日(水)、七代目松本幸四郎追遠の歌舞伎を観に新橋演舞場へ。
e0210473_2153584.jpg
勧進帳は、当世幸四郎の弁慶と団十郎の富樫の問答は緊迫感に溢れ、素晴らしい舞台でした。それにしても、お孫さんの金太郎クン、まだちっちゃいのに太刀持ちのお役を健気にも堂々とこなし、何て可愛いんでしょう!
e0210473_23483598.jpg

e0210473_23451010.jpg
満足げな宗先生。
ただし、お席が左桟敷上の2階席だったので花道がまったく見えず、カンジンな弁慶の飛び六方はモニターテレビでのご観劇でした。

6日(土)は日生劇場でミュージカル『ジェーン・エア』の初日を観ました。
e0210473_23455285.jpg
実は、松たか子のミュージカルは初めてだったのですが、声もいいし、お芝居も上手い、舞台姿も美しい!ジェーンが真実の愛に目覚めるところなどは、思わず涙が溢れてきました。
しっかし、みんなあんな難しい音程、よく取れるなぁ~、暗譜するの大変だったろうに~、とついつい歌う側の目線で見てしまうのは私だけでしょうか?
こうして幸四郎、金太郎くん、松たか子・・・と続けて舞台を観て来ると、松本一家高麗屋さんを私が支えているような気になってきました。

翌7日(日)はドニゼッティのオペラ『愛の妙薬』を観にテアトロ・ジーリオ・ショウワへ・・・我が家から15分でオペラが見られるなんて、サイコーです!
e0210473_23464352.jpg
これまた、素晴らしい演奏、舞台装置も衣裳もステキ!昭和音楽大学の学生さんがコーラスを務めていましたが、学生のうちからこんな舞台に立てるなんてうらやましい限りです。
同じドニゼッティでも『ランメルモールのルチア』や『ラ・ファヴォリータ』と比べてこの『愛の妙薬』はノーテンキに明るく、「オペラは難しい」と思っているあなた、今度機会があったら是非見てください!

と、この数日は観劇三昧でした。

そうそう、お刺身の基本ですよね、あ、それはさんまい(三枚)おろしですか。
山菜好きにはたまりませんね、あ、それはぜんまいでした。
体にいいって?ああ、げんまい(玄米)・・・すいません、この頃プチ・ダイエットしているのでどうも食べ物ばかりが目に浮かんで・・・
ちなみに、26日には新派のお芝居を観に行く予定です。あら、四眛になっちゃいますね。
[PR]
by izumihitori | 2012-10-08 22:57 | ひとりごと

 我が家の山椒の木が今年も真っ赤な実を付けました。

e0210473_0182768.jpg
緑の葉っぱの陰から覗く可愛い実を、だだ地面に落してしまうのは勿体ない!

そうだ、粉山椒を作ろう!!

 さっそく脚立によじ登り、幹や葉の茎にイヤというほど生えているトゲと格闘しながら、なんとかザルいっぱいの実を採りました。
e0210473_0111927.jpg
(きゃ~IZUMI先生、心臓切ってまだ3ヶ月もたたないのに~何て事を!との悲鳴が聞こえて来そうですが・・・)

e0210473_0195764.jpg

 左側の房が採って間もない実。
 そして真ん中は前日採った実。1日乾燥させると・・・なんと赤いところがパックリと割れて、中から黒いつやつやの種が飛び出します。うわ~びっくり!すごいでしょう?今まで何年も面倒を見て来たのに、ちっとも知りませんでした。
 さて、この種は潔よく捨てて、残りの果実部分を乾燥させたら出来上がり。
 カラカラになった右側のこげ茶の実を茎(?)を取って挽くと・・・・今まで出会った事のないような痺れるような山椒の香りが部屋いっぱいに広がります。

 ほらね、アップでご覧いただくと・・・
e0210473_0273027.jpg
これが1日経つと・・・(これ上のと同じ房ですよ)
e0210473_0274745.jpg
そして5日後・・・
e0210473_0281587.jpg


 ね、ね、かわいいでしょう?「コーラス銀の会」や「コーラスいずみ」では黒板に絵を描いて説明しましたが、皆さん半信半疑でした。
 さあどうだ、「百聞は一見に如かず」でしょうが!
 あとは味と香りだな、「百見は一嗅ぎに如かず」
 みなさ~ん、ウナギの差し入れ待ってますよ~!その節には我が家の山椒をサービスしますね。
 「お味はどうざんしょう?」なんて言い添えたりして。
[PR]
by izumihitori | 2012-10-05 00:44 | 自然