<   2013年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「念願」=その実施を常に願っていること。また、その願い。(三省堂/新明解国語辞典より)

十数年前にトルコを旅した際にはたったの3泊でギリシャに渡ってしまい、トルコは「旅した」と言うより「かすめた」と言うカンジでした。が、私にとって初めてのイスラム圏は刺激でいっぱい、しかもその前後から旅番組で奇岩の乱立するカッパドキアや青々とした温泉を湛えるパムッカレの石灰棚が注目され始め、以来、もう一度じっくり「旅してみたい」と願い続けていたのです。

念願叶ったトルコ旅行3日目、2012年12月25日、私たちはトルコ中部のカッパドキアに到着しました。迎えてくれたのは想像以上の迫力でそびえる奇岩の数々!一歩足を踏み入れるとまるで別世界に迷い込んだような不思議な空間が広がります。
e0210473_0465352.jpg

e0210473_047977.jpg

e0210473_0472055.jpg

このカッパドキアは、エルジェス山噴火の火山灰と溶岩が積み重なって出来た地層が風雨の浸食を受け、固い部分だけが残って出来上がった地形だそうで、紀元前6世紀後半から歴史書に登場しています。(“IZUMIひとりごと”もたまには教養を深めないと・・・)
e0210473_131635100.jpg
この後方に見える白い山がそのエルジェス山。ここまで火山灰が飛んで来たなんて、相当大きな噴火だったんですね。
一帯を見下ろすとこんなカンジ。
e0210473_051106.jpg

人々は岩をくり抜いて教会や住居を作り、今も生活をしています。
e0210473_0515981.jpg

中の一軒にお邪魔させていただきました。おままごとみたいでワクワクするでしょ?!
e0210473_0591973.jpg

e0210473_0593238.jpg

e0210473_0593979.jpg


あと数分で2014年も終わろうとしています。我が家は喪中なので新年のご挨拶は遠慮させていただきますが、皆さんにとって来年が素晴らしい年となりますように奇岩、あ、違った、祈願しております。

余談ですが、私たち、2013年の年明けはロシアで迎えました。
え?ロシアにも行ったんですか?って?
いえいえ、トルコから帰る飛行機の中、ちょうどロシア上空だったんです・・・。





[PR]
by izumihitori | 2013-12-31 23:56 | 旅行

苗場スキー場で初すべり

  昨日の夕方、苗場に着きました。がんがん降る雪に、スキー場はもちろん道も草木も家々も真っ白です。外はマイナス7℃!!もはや人間の住むところではありません(北国の方、すいません)。寒さが苦手な私は、ずっと部屋の中でホットカーペットに貼りついておりました。

 ところが一夜明けた今日は真っ青な空が広がり、気持ちのいい絶好のスキー日和・・・この一年頑張った私たちに、神様からのご褒美だわ。
e0210473_0434394.jpg

 今シーズンの初すべり。
e0210473_0473771.jpg

e0210473_122320.jpg
え?滑ってないじゃない、止まってるでしょう・・って?はあ、ごもっとも。

 さて、緩斜面で足慣らしをした後、ゴンドラに乗って山頂に行きました。
e0210473_1234838.jpg

e0210473_053948.jpg

e0210473_1242731.jpg
 たけのこ山頂上からの絶景。
e0210473_0534167.jpg

 それにしても、天下に名だたる苗場スキー場の山頂が「たけのこ山」って名前だなんて、なんか気が抜けちゃいますよね。

 せっかくトルコ旅行の続きを楽しみにしてたのに・・・という読者の皆様、近々更新しますね。それまではすきーに(好きに)させてください・・・おお寒っ!!「初すべり」ならぬ、今年最後の「すべり」でした!!




 
[PR]
by izumihitori | 2013-12-29 23:55 | 旅行

 続々々報?!もう、いい加減にしてくださいよ!・・・との声が聞こえてきそうですが、もうワンセット、毎年写真を撮ってくださる方からも届きましたのでご紹介します。
 中には、皆さんが写っているショットもありますよ!
e0210473_0131358.jpg

e0210473_23384465.jpg
モデルはたいしたことありませんが、ライトがピアノやツリーに反射して、なんともロマンチックな写真になりました。
 
 では、前回に引き続きパパパの連写を。
e0210473_23411417.jpg

e0210473_23421123.jpg

 そして、バーベルを、あ、違った、IZUMIさんを無事持ち上げたあとの、ホッとしたところ。
e0210473_23461679.jpg


 そして、お待ちかね、皆さんの写真をお見せしましょう!!
e0210473_016411.jpg
どうです?特徴のある方は、すぐご自分だって分かるのでは?

 はい、今日の『ひとりごと』はこれでおしまいです。写真ばかりで、文章がこんなに少ないのは珍しいですね。

 そこで問題です。
 一生懸命歌っているのに、ちっとも歌にならない曲は何でしょう?宗先生が歌ってもやっぱり おなじ。

 その答えは・・・

『カタリ カタリ』!!!でした!

あ~あ、くだらない事を言って進歩の無いまま私の1年は過ぎていくのね~~。
[PR]
by izumihitori | 2013-12-28 00:26 | コンサート

 張り切って「トルコ旅行」のリポートを始めたものの、クリスマス・コンサートの写真をいただいたので、トルコは小休止してお約束通り舞台写真を掲載します。
 ご来場くださった皆様、写真を見ながら思い出してくださいね。来られなかった方々、どんなコンサートだったか想像してみましょう。
e0210473_2213861.jpg

 恒例のクリスマスツリー、今年はピンクでまとめてみました。

 第1部は古き良き時代の映画音楽です。「知っている曲ばかりで懐かしかった」とか「映画のストーリーを思い出して涙が出た(歌に感動した訳じゃないみたい…)」とか「IZUMI先生が歌いながら踊ったのが印象的」など、反響はさまざまでした。宗先生は濃紺の燕尾服とこの前タイでオーダーしたシャツ、私は自称オードリー・ヘップバーン風のドレスです。
e0210473_22182641.jpg

e0210473_22183515.jpg

e0210473_22184987.jpg

e0210473_22185693.jpg

e0210473_2219643.jpg

 第1部の後には抽選会。今年も舞台上のシクラメンやポインセチアをはじめ、IZUMIさんこだわりのプレゼントがいっぱい!当たらなかった方、また来年も来てくださいね、今度は当たるかも。
e0210473_22193510.jpg

 第2部はレハールのオペレッタから二重唱を3曲聴いていただきました。宗先生は昨年、これまたタイでオーダーしたシルクのシャツ、私はハンガリーをイメージしたドレス。それにしても写真を見るだけでどの曲のどの部分を歌っているかが大体分かる…これも29年の重みでしょうか?
e0210473_2220682.jpg

e0210473_22202279.jpg

e0210473_22203386.jpg

e0210473_22204197.jpg

 続く第3部はクリスマス・コンサートお馴染みのレパートリーから。
e0210473_2221445.jpg

e0210473_22211646.jpg

 そしてアンコールはこれまたお馴染みの「パパパの二重唱」。もともとオペラの中でも全身に羽根を付けたオウムの化身のような衣装で歌われることが多いので、IZUMIさん、小鳥かカナリアになったつもりでこのドレスにしました。え?まだヒヨコですって?
今日は「パパパ」の連写をご覧に入れます。宗先生の決死の覚悟を・・・。
e0210473_22215551.jpg

e0210473_2222698.jpg

e0210473_22221795.jpg

e0210473_22222870.jpg

 Oさん、Hさん、たくさんの写真ありがとうございました。
 そう、ワタクシ、「記憶に残るコンサート」ではなく、「記録に残るコンサート」を目指しています!
[PR]
by izumihitori | 2013-12-26 22:26 | コンサート

 写真を見せながら刑事が聞く。「3年前の〇月〇日、こういう男を見なかったかね?」
 喫茶店のママ「ええ、そうそう、その日うちにコーヒーを飲みに来たわよ。あれは××時頃。時間を聞いてきたからよく覚えてるの。」
 サスペンスドラマでおなじみのアリバイ捜査はいつもこんな風です。
 うっそだろうがっ!!先週あった事だって忘れてるのに、そんな昔の話覚えている訳ないでしょう・・・と思うのは私だけ?

 なので、忘れないうちに去年の今頃行ったトルコの記録を残しておきます。心臓手術をしてから5ヶ月半、思い切って出かけた長旅でした。私行ってないから興味無いわ~などとおっしゃらずどうぞお付き合いください。
e0210473_1429827.jpg
(この写真は4日目、トルコ中部のカッパドキア)
 2013年12月23日、宗先生と私は首都イスタンブールに降り立ちました。十数年ぶりのトルコの地です。ステキな5つ星ホテルで旅の疲れを取り、さあ、トルコ10日間の旅の始まり始まり~~~!

 1日目は市内観光。イスタンブールの街は黒海とマルマラ海を結ぶボスポラス海峡によって二つに分けられ、片方はアジア、もう片方はヨーロッパに属します。そして大きな湾によって更に旧市街と新市街に分けられ・・・したがって、私たちがバスに乗る感覚で気軽に渡し船に乗って通勤や買い物に出かけているようです。
e0210473_14354898.jpg

e0210473_14355757.jpg

e0210473_1436490.jpg

 何と言っても見どころは旧市街に点在するイスラム教の寺院。「ブルーモスク」は、まばゆいばかりのライトに照らされたブルータイルのモザイクが、とっても綺麗でした!
e0210473_1441515.jpg

e0210473_1442077.jpg

e0210473_1442812.jpg

 橋の上から旧市街を望んだところ。鳥たちが群れ飛んでいます。
e0210473_14525189.jpg


 実は日本を出るまでが大騒ぎだったのです。
 さ、そろそろ荷物の準備をしようかな、と出発数日前にツアーのパンフレットを開いて見たら、「持病のある人はトルコ航空搭乗の際に医師の診断書が必要」と書いてあるではありませんか!それも“トルコ語か英語の”・・・それから慌てて主治医の先生に連絡して、なんと手術と手術の合間に押しかけ、急いで書いていただきました。(先生、その節は大変ご迷惑をおかけしましたm(__)m)
 それが、成田でチェックインする際にさぞや丁寧に扱ってくれるかと思いきや、カウンターのおねぇさん、診断書をチラッと一べつすると「何かあったら出してくださ~い。」ですって!!!
はあ?何かあったら、ですって?!
 手間ひまが無駄に終わったと怒るべきか、使わずに済んで良かったと喜ぶべきか・・・今もってハムレットの心境です。
[PR]
by izumihitori | 2013-12-25 15:13 | 旅行

冬至に因んで

今日は冬至でございます。
先日、北海道出身の方から「冬至かぼちゃ」と小豆をいただきました。
e0210473_17473957.jpg
初めて見るユニークなこのかぼちゃ、フットボールのボールくらいの大きさです(あ、ウソです。私、フットボール近くで見たこと無いんでした!028.gif)。
渾身の力を込めて、固い皮を切ってみました。中は美味しそうなオレンジ色!!
e0210473_17513525.jpg

このかぼちゃと小豆をストーブでコトコト煮込むのが北海道厳冬期の風物詩だとか。早速、我が家でも白玉しる粉を作ってみました(^o^)/
e0210473_17522865.jpg
それにしても、おしる粉にしろケーキにしろ、自分で作ると、思い切り食べるのを躊躇しちゃいますよね。だって、「こんなにお砂糖使うんだ!」とあらためてビックリ、真実を知らない方が幸せだ、という典型です。

そうそう、日本では、冬至の時にゆず湯に入り、小豆や「ん」のつく物を食べると長生きする、と言い伝えられています。かぼちゃ(なんきん)もその一つ。みかん、リンゴ、たくあん、天ぷらなどなど。
よし、今日は特別だ!プリ、デコレーショケーキ、あみつ、おせべ、おまじゅう・・・







[PR]
by izumihitori | 2013-12-22 18:15 | 生活

コンサートの第2部と第3部の写真をいただきました。写した本人曰く、「盗み撮り」だそうですが、舞台全体が入るようなショットを選んでいるあたり、余裕が感じられます。(今日載せた写真はそれをトリミングしてあります)
e0210473_10172395.jpg

e0210473_10173595.jpg

・・・ちょっとボケてるのはご愛嬌。

そして、本番中に独唱しているところを、お互いに舞台の袖から撮った一枚も大公開。
e0210473_10201192.jpg

e0210473_10202918.jpg
このボケ具合、これまたご愛嬌です。

え?「袖から写真撮るなんて余裕!」ですって?
撮る方も余裕ですが、宗先生がカメラを構えていることに気が付いて、伴奏者を見る振りをしてカメラ目線でポーズをとるIZUMIさんもなかなかのものでしょう。

いえ、それよりも、これから鶴川のポプリホールで本番だというのに、パソコンに向かってブログをいれているなんて、つくづく私は大物だと思います!

では、いざ出陣!行ってきま~~す!
[PR]
by izumihitori | 2013-12-20 10:28 | コンサート

 
e0210473_1958413.jpg
昨日17日、『第29回 宗孝夫&吉村泉 クリスマス・ホーム・コンサート』終わりました!!応援ありがとうございました。

 思い起こせば29年前の今月今夜、クリスマス・コンサートは始まりました。まだ麻生市民館が出来て間もない頃で、「駅前にホールがあるから、一回コンサートでもやってみようか」くらいのオキラクなスタートでした。
 宗先生はすでにいくつものオペラに主演したりソプラノの方とジョイントリサイタルを開いたり、と舞台で活躍しておりましたが、私は〇〇才のまだ駆け出し(声楽の世界では〇〇才は駆け出しなんです)・・・第1回目はそれはそれは緊張の連続でした。
 それが、まあ、こんなに長く続くとは、根性があると言うか、図々しいと言うか、気が長いと言うか、懲りないと言うか・・・あ、ひとえに皆様のおかげでした!

 コンサートの後、ブログに入ってないかどうか何度もパソコンを開けて下さる方のために、今日は開演前にドン帳の内側で撮った写真をアップしました。客席から写した写真が手に入り次第、またお知らせしますね。
[PR]
by izumihitori | 2013-12-18 20:30 | コンサート

 第29回『クリスマス・ホーム・コンサート』が2日後に迫って来ました・・・こんなダラダラと駄文を打って時間を使っているのも気が引けますが・・・まあ、ピアノやバイオリンと違って一日に何時間も練習出来ないところが声楽のいいところ、「喉を休めなくては!」と自分に言い聞かせてパソコンに向かっています。
 
 コンサートが近付くにつれて「今年はどんなドレス着るんですか~?」と聞かれることが多くなりました。女性の場合は特に、ドレスを楽しみに来てくれているようです。多分、毎回幕が上がるたびに「うわ~っ!」とどよめきが起こるのは、ドレスを見てのことですよね?(まさか私の顔を見て??それともどこか破れてたりして・・・?)

 そこで、今年後半のコンサート写真を公開しましょう。顔写りの良し悪しは無視、いまさら気取っても何十年ものお付き合いの皆さんには「全部御見通しだ!!」と言われそうですから。

 8月の宗声会。宗先生とIZUMI先生が指導している声楽のお弟子さんの発表会です。皆さんはオペラのアリアと二重唱をそれぞれ歌いました・・・が、その二重唱の相手役を先生が務めるので、私たちの出番の方が多かった、という自分の首を自分で絞める結果になってしまいました。
 ブルーのドレスはジプシーのお母さん役と、蝶々夫人の侍女役、私の持っているドレスの中で1,2を争う地味さ加減です。金と黒のドレスは侯爵夫人、皆さんの熱演を引き立てる、これまた地味な一品。
e0210473_22594890.jpg

e0210473_230040.jpg

e0210473_2301023.jpg

e0210473_230215.jpg

 
 8月末の伊豆・川奈ホテルでのコンサート。このドレスは重厚なクラシックホテルに合わせて選びました。ほら、ドレスなのかカーテンなのか分からないくらい同化しているでしょ?
e0210473_2351717.jpg

e0210473_2345673.jpg

e0210473_2352758.jpg

 さて、今年のクリスマスコンサートのドレスは・・・このブログをご覧の皆さんだけにソッとお教えしますね。
  第一部は「踊り明かそう」のオードリー・ヘップバーン風、第二部はレハールに合わせてハンガリー風、第三部は宗先生のために少しでも軽く・・・。 
 「???」その真意は知る人ぞ知る。知りたい人はコンサートへどうぞ~!





[PR]
by izumihitori | 2013-12-15 23:30 | コンサート

新しい車が来ました。

5ヶ月前から注文していた車が、やっと来ました。
e0210473_202586.jpg

e0210473_204223.jpg

e0210473_205357.jpg

 何てきれいな色!木に実ったオリーブのような、みずみずしい黄緑色。
 ハイブリッドだから低燃費、今までの車の倍は走るらしい。
 アイサイトが付いていて、車をぶつけそうになったら勝手に止まってくれるのは、ちょっとそそっかしい私には有り難い。
 4WBで雪道も安心、スキーの時だけではありません、うちはすごい急坂を上った先にありますから。
 荷物もいっぱい積めます、旅行でお土産をたくさん買っても、ドッとかさ張るドレスを3着以上積んでコンサートに行く時でもこれなら大丈夫。・・・と、良い事ずくめです。

 ところが、仕事に行こうと思って乗った途端に、大変なことになりました。エンジンがかけられないのです!!ボタンを押す・・・あれ?ビクともしない。時間は迫ってくるのに、焦ること焦ること・・・何冊もある「取扱説明書」をバタバタと開き、やっと発進したのは10分後でした。042.gifトホホ。

 乗り心地がまたいい!と、快適に走リ始めたのも束の間、「ピピピッ」と警告音が鳴りました。「センターラインをオーバーしています」。また「ピピピッ」「前に障害物があります」。・・・そのにぎやかなこと!いちいち運転にダメ出しです。しかも暗くなると自動でライトが点き、雨を感知するとワイパーが勝手に動くそうで・・・。
 至れり尽くせりなのですが、ああ、こうやって人間の五感がどんどん退化していくんだわ、と思った瞬間でした。

 そう言えばIZUMIさん、電卓を買ったおかげで暗算が出来なくなってきたし、パソコンでメールを打つおかげですっかり漢字が書けなくなってしまいました。この前なんて、皆さんの前で黒板に「音楽祭」と書こうとして「祭」の字をド忘れ。もう15年以上も実行委員長をやっているのに、です。(あ、これ私の問題ですかぁ~。)

 退化しつつある私、車は色で見分けているので同じ色の車が並んでいると本当に困ります。主人に駅まで迎えに来てもらうとき、これまで何度我が家のと間違えて見ず知らずの銀色の車に手を振ってしまったことでしょう。市民館の駐車場で、ズラッと並んだ車1台1台にキーを向けて、ライトが点滅する車を探したことも1度や2度ではありません。
 皆さんがこの色の車を買わないよう、祈るばかりです。040.gif
[PR]
by izumihitori | 2013-12-13 02:08 | 生活