<   2013年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

悩ましい夜

 鏡を見ながら、最近小じわが増えてきたんじゃないかしら、と思うとする。(いえ、仮定です、私のことではありません・・・)そういえば、夏に強い日差しを浴びたせいか、肌がくすんできたみたい?と思うとする。

 なんかハリと潤いが欲しいところだ・・・と思うそんな矢先、電話がかかる。
 「〇〇化粧品です。お肌のアンチエージングに効果のある、素晴らしいジェルが開発されました。今なら1280円で3週間使えるサンプルを差し上げます」
 痛いところを突くなぁ、と半分感心しながらサンプルを買ってしまうとする。
 3週間使ってみる。

 3週間経ってサンプルが底をついた。でも、あまり変化が無い。これ、効果が無かったわ・・・いや、待てよ、本当ならもっと増えるはずの小じわやシミをこの程度に収めているのは、このジェルのおかげではないか?
 心が揺れ動く頃にまた電話がかかる。

 「先日のジェルは如何でしたか?今、お肌は変わりつつあります。このまま続けてお使いになると日に日にダメージが回復しますよ。」「つきましては、小瓶で△△円、大瓶は××円。長くお使いでしたら、断然大瓶がお得です。」

 ほんと、女性心理をくすぐる、よく出来たシナリオです。あ、あ、私は「いい鴨」だわ、ついつい大瓶を買ってしまいました。あ、これ、私の事じゃなかったんでしたっけ!?

 さぁて、これからどうしましょう?本当に効果があるかどうか、毎日顔の半分だけに付けてみようかしら?で、数か月後に左右を比べてみる、とか?いえ、そんな悠長なこと言っていられないわ。すぐにでも本気で取り組まないと・・・あれこれ考える。。。

 かくして私の悩ましい夜は続くのでした。
e0210473_21351152.jpg
夜目、遠目、舞台の上。。。そうだ、私にはソノ手がありました!
皆さん、私のコンサートでは10列目以降にお座りください!
[PR]
by izumihitori | 2013-12-07 21:38 | ひとりごと

 12月5日(木)、今日は麻生老人福祉センターコーラス講座の発表会でした。
 総勢120名以上の方々が、今年10月から6回の講座を経てこの日を迎えました。では、本番前のリハーサル写真をどうぞ。
e0210473_042719.jpg

e0210473_0423289.jpg

 麻生コーラス講座で一番印象に残っているのは、数年前、長く続いてきた講座を次期から廃止する、と発表があった時のことです。
 平成3年から始まったコーラス講座は、100名の募集に対して常に150人前後の応募があり、抽選で3分の1は落とされるという人気講座(私が言うのもナンですが・・・)だったので、次期廃止が決まった途端に受講生の皆さんは大騒ぎ。毎週毎週、講座の後にほとんどの方が居残り、粘り強くセンターの方と交渉を続けてくれました。
 そう、今日こうして発表会が迎えられるのも、皆さんの情熱のおかげです!!あの時の皆さんのパワー、とても嬉しかったデスよ。
 なので私はそのお礼に、毎回それはそれは厳し~~く指導させていただいています。
e0210473_0542080.jpg

e0210473_0542789.jpg
e0210473_0543633.jpg

e0210473_0544510.jpg
それなのにこの余裕の笑顔!!まだ厳しさが足りなかったかしら?





[PR]
by izumihitori | 2013-12-06 00:58 | コンサート

晩秋に思うこと

e0210473_23292264.jpg
娘の通った百合ヶ丘めぐみ幼稚園へと続く小径。三十年来変わらない晩秋の風景です。
日曜礼拝のあと、幼かった娘と今は亡き父が、楽しそうにおしゃべりをしながら歩いて行く後ろ姿が、今もまぶたに焼き付いています。

最愛の父が今年4月に永眠いたしました。私が、マーラーの『復活』に参加する200余名の合唱メンバーの代表として、無事に本番を終えた翌日のことです。私には、本番が終わるのを待っていてくれたような気がしてなりません。
私たちのコンサートを応援してくれていた父。・・・これからも声の続く限り歌い続けていきたいと思っています。





[PR]
by izumihitori | 2013-12-04 23:48 | ひとりごと

おっといけない、ソウルの膨大な写真の量と格闘しているうちに、自分が音楽家であることを忘れるところでした!!しかも本番を間近に控えて切羽詰まった声楽家であることを。
e0210473_12344616.jpg
今更ですが、2013年12月17日(火)、『宗 孝夫&吉村 泉 クリスマス・ホーム・コンサート』のお知らせです。
毎年この時期新百合ヶ丘地方で、ごく一部の方々に恒例となっておりますこのコンサート、今年で何と第29回を迎えることになりました。「えーっ、29年目ですか?」はい、10代の頃からやってますから。
・・・ウソ。

今回のメインテーマは「映画音楽特集」。と言っても、「レ・ミゼラブル」や「タイタニック」などと言うシャレた曲ではありません。いわゆる「往年の名画」とでも申しましょうか、古き良き時代に皆さんが映画館に通って心ふるわせた映画のテーマ曲がほとんどです。
多分、皆さんにはいろいろな思い出のある曲だと思いますよ、一緒にこの映画を見に行った後にプロポーズされた、とか、この映画を見ている時に飲み物を服にこぼした、とか・・・。

そしてオペレッタの中から何曲かお届けします。そして、恒例の(ごく一部の人たちに)エルサレムや木星も歌います。

どうぞ皆さんお誘いあわせの上、お出かけください。私たちの歌を聴きに、私たちの顔を見に、私のドレスを楽しみに。

オマケ映像です。昨年はこんな雰囲気でした。心臓の手術をして半年後のちょっぴりスマートになったIZUMIさんを見てください。今年はどうかな?
e0210473_10554110.jpg

[PR]
by izumihitori | 2013-12-03 11:02 | コンサート

「IZUMI先生、久しぶりのブログ更新でしたね。」
「はい。」(で、それから?)
「紅葉がきれいですね。」
「はい。」(で、それからそれから?)
「ご飯、おいしそうでしたね。」
「はい。」(よしっ、もうひと声!)
「他にどんなお食事されたんですか?」
来た来た、待ってました~!そのお言葉!

では、ご要望にお答えして、今回のご飯大公開です!!

2日目朝は、ホテルの近くで「ソルロンタン定食」。牛肉をたっぷり煮込んだ白スープに麺が入っています。コラーゲンたっぷりでお肌がプリップリ!!・・・ああ、帰ったばかりの時にお会いしたかったわ、もう元に戻ってしまいました・・・。
「ねぎチヂミ」のオマケ付き。
e0210473_15534277.jpg
e0210473_1554378.jpg


昌徳宮でゆったりと昔の王様の時代を偲んだ後は、地元の人しか行かないようなお店に入り、冬のオススメ「牡蠣のチヂミ」(またもや、盛り付けはテキトウ・・・)とビビンバ。
e0210473_15544885.jpg
e0210473_1555426.jpg
ま、ここまでは普通半くらいでしょうか。

娘と大きなショッピングモールをぐるぐる回ってから、さあ、海鮮料理専門店で夕飯です。
e0210473_1555154.jpg
冬が旬の「ケジャン」。ワタリガニを生でタレに漬け込んだもので、足を持ったまま身をチュルチュルッと吸うと、コクのある何とも言えない味わい・・・カニ、じゃなかった、タラっ!(これ、ヨダレ)

e0210473_15553956.jpg
「海鮮チヂミ」。う~ん、これもメニューの写真とはかなり違いますが、具の種類が多くて美味しかった!

そして、念願の「アワビのバター焼き」。柔らかくて新鮮なアワビの味を生かして、バターに軽く塩を振っていただきました。
e0210473_1556952.jpg


3日目のお昼は「参鶏湯(サムゲタン)」。この専門店はメニューに参鶏湯しか無く、行列のできる有名店です。鶏一羽の中にもち米・朝鮮人参・ゴマ・ナツメ・松の実・かぼちゃの種などがぎっしり詰まり、アツアツのスープと一緒に食べると冬の寒さも吹き飛びます。
e0210473_15564523.jpg


お腹いっぱいになってお店を出ると・・・外は雪が舞い始め、あれよあれよという間に横殴りの吹雪となってしまいました。
e0210473_15571298.jpg

はい、白状します、参鶏湯を食べても寒さは吹き飛びませんでした!


追伸:今日からブログもクリスマスバージョンに衣替えします。期間限定!






[PR]
by izumihitori | 2013-12-01 18:46 | 旅行