「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本一早い“桜まつり”

emoticon-0159-music.gif~「さくら~さくら~弥生の空は~・・・」

 日本人なら誰でも知っているこの日本古謡は、江戸末期に子供用のお琴の練習曲として作曲され、のちに本居宣長の和歌『敷島の』をもとに詩がつけられたそうです。
 「敷島の 大和心を 人問はば 朝日に匂ふ 山桜花」・・・???なんか、“『敷島の』をもとに”と言われても全く違うような気も・・・ま、ともかく日本人の美意識は陽に匂う(=映える)素朴な桜の花にある、ということでしょう。
 
 今回の沖縄もちょうど緋寒桜(=寒緋桜)が満開時を迎えるとあって、はい、桜マニアの宗先生と欲張りなIZUMIさん、桜まつりを1日で3ヶ所ハシゴしました。

では沖縄旅行<その2>始まりです。

 まずは、本島中部の名護公園。ここのうたい文句は“日本一早い桜まつり”。2万本の桜が霞か雲かのようにボーッと斜面を彩り、日本画を見ているようでした。
e0210473_20241577.jpg

e0210473_20242429.jpg

e0210473_20243725.jpg

e0210473_2025091.jpg

e0210473_20252360.jpg

 緋寒桜は濃いピンク色と、丈が低いので目の前で花を観賞できるのが特徴です。ソメイヨシノもいいですが、沖縄の強い日差しにはこの緋寒桜はぴったり!!
e0210473_20254468.jpg

e0210473_2025552.jpg

e0210473_2026690.jpg

 さて、名護の桜を堪能した後は車で30分かけて標高453mの八重岳の桜を見に行きました。山頂へと続く道路の両側に並んだ桜は満開です。
e0210473_20292880.jpg

e0210473_2030376.jpg

 が、公園や道路脇の桜は今ひとつ風情に欠ける、とのたまう宗先生・・・そりゃあそうですよね、桜には歴史と味わいが無いとねぇ・・・。
 で、私たちが一番楽しみにしていたのが今帰仁(なきじん)城址の桜でした。今帰仁城は13世紀に築城され、琉球王国が統一されるまでは北王の居城として栄え、16世紀に廃城となったそうです。現在も発掘が進み、2000年には世界遺産に登録されました。
e0210473_20313773.jpg

e0210473_203908.jpg

e0210473_20311113.jpg

e0210473_20315051.jpg
この石積みの城壁と、遠くに見えるコバルト色の海と、咲き競う桜・・・大満足の光景でした!!
 咲き競う桜は、緋寒桜と〇〇桜・・・。emoticon-0127-lipssealed.gif
[PR]
by izumihitori | 2014-01-31 20:51 | 旅行

 今年6月の麻生音楽祭で『コーラス銀の会』は沖縄音楽を集めて演奏することになりました。
 沖縄のコバルト色の美しい海、晴れ渡る空に映える赤い屋根瓦、南国の花々、三線(さんしん=蛇皮線)に合わせて歌われる哀愁を帯びたメロディー・・・そう、これらを皆さんに伝えるには、私が代表して取材に行かないと!!

 という訳で、使命感に燃えて1月23日(木)から26日(日)まで3泊4日で沖縄本島に行ってきました。結婚前から何度となく訪れてはいたものの、季節ごと、お天気の良し悪しごとに違った顔を見せてくれるのが沖縄旅行の面白さです。今回も取材の他にいくつか楽しみにしていたことがありました。
 まず、日本で一番早く咲く「寒緋桜」を見ること。そして、今や有名すぎるほど有名になった“美ら海水族館”でジンベイザメの「ジンタくん」に会うこと。琉球の歴史を残す「今帰仁城址」「勝連城址」に行くこと。白い砂浜と碧い海に癒されること。長寿の秘訣である沖縄料理を堪能すること。寒さから解放されてリフレッシュすること。等々。

 そこで「IZUMIひとりごと」読者の皆さんに質問です。今回の沖縄の旅、何回かに分けてじっくり読みたいですか?それとも一気にサラーッと見たいですか?
あ、じっくりがいい、はいそうですか、では何回かに分けてお送りすることにいたしましょう。これも皆さんのご要望ですから。

<その1>
 沖縄1日目。気温は20度を超えています。宗先生と私は、空港から車で約1時間半ほど離れた、沖縄本島中部にあるリゾートホテルに向かいました。
 途中の万座毛(まんざもう)のあたりで日が暮れかかり・・・なんて運がいいんでしょう、ここは夕陽の観光スポット!
e0210473_2227788.jpg

e0210473_22272719.jpg

e0210473_22271885.jpg

 そして沖縄民家風のステキなお店を見つけ、早速沖縄料理のオンパレードと相成りました。
 まず海鮮サラダ。プチプチっとしたのは海ぶどう(グリーンキャビアとも呼ばれている、沖縄地方特産の海藻)。実はこの下に何種類ものお刺身が隠れていて・・・なのに食べるのに必死で写真を撮り忘れてしまい、美味しさを皆さんにお伝えできないのが残念です。
e0210473_22351370.jpg

 ラフテーの温泉卵添え。ラフテーとは豚肉を皮付きのまま煮込んだ料理で、薄切りではなくある程度の大きさのある塊のまま、独立した料理として他の具材とは合わせず単品で供される点が特徴である。と、これはネットでの受け売りですが・・・。
e0210473_22411342.jpg

 そしてお決まりの沖縄そばとジューシー(沖縄風炊き込みご飯)。
e0210473_22432826.jpg
このほかに厚~いイカの天ぷら、ミミガー(豚の耳の皮の和え物)などをいただきました。少し予定より寿命が延びたかも。

 一日の締めくくりは『島唄ライブ』。「島唄」とは、あの“島唄”ではなくて、沖縄の歌全般を指します。今や「沖縄民謡」だけに留まらず、若い人たちは自分たちのアレンジで次々と新しい歌を生み出して行くあたり、島人(しまんちゅ=沖縄の人たち)のパワーを感じました。
e0210473_2257491.jpg

e0210473_22571413.jpg

 ホテルに着くと・・・すっかり南国気分。
e0210473_23124346.jpg

 しめしめ、今ごろ東京の人たちは寒さに震えてるだろう!!と思うと笑いが止まらず・・・はい、すいません、本当のことを言うと、沖縄行きを決めたのはだいぶ前、去年の11月です。せっかく沖縄に行くのだから、沖縄の曲を編曲して銀の会でやってみようか・・・ってな流れだったような。
 いやいや、そもそも夏のコンサートツアーの時に、次回は沖縄に行こうとの話になり、下見のつもりで・・・いやいや、その前に、ジンタくんにすっかり魅せられている宗先生が、事あるごとに会いたい会いたいと言うもので・・・いやいや、前に沖縄で買った紅型のエプロンがボロくなったので・・・いやいや・・・

 タマゴが先か、ニワトリが先か・・・神様だけが知っている。
[PR]
by izumihitori | 2014-01-27 23:17 | 旅行

うま、いぇ、さる(去る・・・一応お正月なので干支にかけてみましたemoticon-0114-dull.gif)1月10日(金)、新橋演舞場で海老蔵の『壽三升景清』を観劇しました。入口の隣には縁起物の酒樽が並んでいます。
e0210473_23244872.jpg

客席に入ると、海老蔵特注の垂れ幕がかかり、いかにも「天下の海老蔵ここにあり!!」という雰囲気。いいんですよ、歌舞伎創始者の直系である海老蔵にはその位の顕示欲が無いとね。
e0210473_0332152.jpg

3列目の真ん中に陣取って、開演をまだかまだか、と待っているところ。
e0210473_0333336.jpg

e0210473_033424.jpg


演目はお正月にふさわしい華やかさがあり、数日前にテレビで海老蔵がこの歌舞伎の上演にかける先代から受け継いだ思いと意気込みを熱く語る特集番組を見たばかりなので、感激もひとしおでした。
それにしても、良いお席でした~!舞台全体の流れも分かるし、役者さん一つ一つの表情や、衣装の細かいところなどがよく見えて、舞台を独り占めしているような楽しさを味わいました。

ロビーに出ると縁起物の羽子板が・・・。
e0210473_1343292.jpg
そうそう、舞台上の雰囲気もこんなカンジでした。
e0210473_1344528.jpg


そして何より、成田屋さん(市川家)にだけ許されている有名な「にらみ」を間近で見ることが出来ました。「にらみ」は、一年分の邪気を払うと言われていますが、私たちも海老蔵さんに何度もニラまれたので、沢山の福をいただいた気がします。(成田屋さんの、その大きな目でギョロッとニラまれたら、悪霊もタジタジですよね。または、私たちが悪霊と間違われて払われちゃった???)

・・・それにしても、あんなに目をカッ!と見開いてリキんだら、どっかの筋が切れてしまうのではないかしら?と心配になります。

ところで、市川家の御曹司と結婚すると大変でしょうね。歌舞伎の芸を継ぐ男の子を産まなきゃならないプレッシャー、しかも、「にらみ」が出来る眼の大きい子で、自己顕示欲が強くて、しかも古語で意味のよく分からない台詞も丸暗記出来るような聡明な子、連日の舞台をこなせる体力を備えた子を・・・・・やっぱり、私はやめとこう!
[PR]
by izumihitori | 2014-01-13 01:52 | ひとりごと

子どもの頃住んでいた葛飾区のとある町の中心には、大きな映画館がありました。日活映画が来たこともあれば、洋画もたくさんかかっていましたが、何といってもウレシイのは「二本立て」や「三本立て」があったことです。何だか得したような気持になったものでした。近所のおじさんが休みの日になると一日中映画を見ている、なんてことは珍しくなかった時代です。(これ、別の事情があったのかも?子供だった私にはわかりませんでしたが。)
さて、今日の「ひとりごと」は2回分をまとめてお送りします。。。。ま、あまり「得した」感は・・・

今月4日から、1泊3日で白馬八方尾根スキー場に行ってきました。
ええっ?1泊3日?はい、夜行バスで行って着いた朝から1日滑る、ホテルに泊まって翌日また滑る、夕方現地を出て夜中10時半頃新宿に戻る・・・という、いわゆる「弾丸ツアー」です。(モタモタしてたら1泊4日のなっちゃうところでした!)
e0210473_0533966.jpg
大雪の予想がウレシイ誤算で大外れ、真っ青な空の下、私の憧れの北アルプスの山々がその雄姿を見せてくれました。八方尾根は、何といってもこのスケールの大きな大自然が魅力ですね。それも、見えるのは全部夏や秋に私が登った山々!一つづつ目で追いながら、その時の山行の思い出を振り返っていました。「一粒で二度美味しい」・・・ここは「グリコ」のようなスキー場なのです。
e0210473_054151.jpg
五竜岳、鹿島槍ヶ岳方面。
e0210473_175052.jpg
リフトで上がって少し歩くと唐松岳に着きます。
そして、白馬三山。右から白馬岳、杓子岳、白馬槍ヶ岳。。
e0210473_105693.jpg
はい、かつての山ガールIZUMIさん、全部登りました〜!
e0210473_111121.jpg
日曜日だというのに人も少なく、広~い斜面をゆったり気ままに滑ることが出来ました。チョー気持ちいい!!

さて、翌日は朝起きると外は雪空・・・なくらいではメゲるはずも無く、2日目のスキーも鼻唄まじり。
e0210473_1213347.jpg

e0210473_1224810.jpg
(この人、私じゃありませんヨ。リフトの上から撮りました。)

そうそう、昔よく「スキー講習会」に参加しました。先生方のカッコいいこと!!どの先生も体はしなやか、声はやさしさと自信に満ち、教え方は紳士的、滑る姿にはほれぼれします・・・・がランチタイムにレストランで帽子とゴーグルをとると・・あれ?こんなハズじゃあ?・・・と思うことも良くありました。
スキー場で知り合って恋人になる時は一回雪で頭を冷やした方がいいですね!

そして今日の2つ目の話。
昨日の夜遅くスキーから帰って、今夜はサントリーホールに読売交響楽団の演奏を聴きに行きました。
e0210473_1342050.jpg
入り口は新年用の飾りつけ。
宗先生も昨日までの「スキーヤー」の顔から一転して「音楽家の顔」に!
e0210473_13673.jpg
はい、今日は一日で二度美味しい二本立てブログでした~!
[PR]
by izumihitori | 2014-01-07 23:38 | 旅行

emoticon-0159-music.gif~「時にはっ、なぜかっ、大空に~旅してっ、みたくっ、なるものさ~」
小学生ならだれでも知っている合唱曲『気球に乗ってどこまでも』の歌い出しの部分です。(小さい「っ」は、そこで八分休符が入るところ。さすがIZUMI先生、表記が的確でしょ!?)

2012年12月26日、トルコ4日目、夜明け前にカッパドキアの洞窟ホテルを出て乗り場へ着くと、いくつもの気球がスタンバイしていました。わ~い、気球だっ気球だっ!さあ、楽しみにしていた「気球の旅」の始まりです!

e0210473_2328741.jpg
ガスバーナーで熱い空気を送り込んでいるところ。
風船の部分がどんどん膨らみ、下に付いたバスケット部分が起き上ればちょうど乗り頃(?って言い方であってます?)。名前が呼ばれ、約15名一組で乗り込んで浮き上がるのを待ちました・・・

が、その前に、先に飛び立った気球の様子をご覧に入れましょう。
e0210473_23282910.jpg

e0210473_23283969.jpg

e0210473_23284815.jpg
・・・こんな感じで1つ、2つと大空に飛び立っていきました。

そして、いよいよ私たちも発進!気球はふんわりと高度を上げていきました。カッパドキアの奇岩群がみるみる小さくなっていきます。
e0210473_23292039.jpg

e0210473_23293220.jpg

e0210473_23294188.jpg

空にはいくつもの気球が浮かび、まるで海に潜って沢山のクラゲが泳ぐのを眺めているような不思議な感覚。
e0210473_2330877.jpg

e0210473_23301513.jpg

足元にはカッパドキアの台地、はるか遠くには雪をかぶった山々・・・「私はカモメ!」の気持ちがよく分かりました。
e0210473_23313135.jpg

小一時間くらいでしょうか、ゆったりした上昇下降を繰り返しながら、やがて地上に待機するトラックの荷台に着陸し、私たちの「気球の旅」は終わりました。
e0210473_23315551.jpg


(冒頭の歌の続き)emoticon-0159-music.gif~「気球に乗ってどこまで行こう(中略)そこに何かが待っているから~」
そして私たちを待っていたのは・・・
e0210473_23321155.jpg
シャンパンでカンパ~イ!
[PR]
by izumihitori | 2014-01-04 00:49 | 旅行