観劇三昧

先週10月3日(水)、七代目松本幸四郎追遠の歌舞伎を観に新橋演舞場へ。
e0210473_2153584.jpg
勧進帳は、当世幸四郎の弁慶と団十郎の富樫の問答は緊迫感に溢れ、素晴らしい舞台でした。それにしても、お孫さんの金太郎クン、まだちっちゃいのに太刀持ちのお役を健気にも堂々とこなし、何て可愛いんでしょう!
e0210473_23483598.jpg

e0210473_23451010.jpg
満足げな宗先生。
ただし、お席が左桟敷上の2階席だったので花道がまったく見えず、カンジンな弁慶の飛び六方はモニターテレビでのご観劇でした。

6日(土)は日生劇場でミュージカル『ジェーン・エア』の初日を観ました。
e0210473_23455285.jpg
実は、松たか子のミュージカルは初めてだったのですが、声もいいし、お芝居も上手い、舞台姿も美しい!ジェーンが真実の愛に目覚めるところなどは、思わず涙が溢れてきました。
しっかし、みんなあんな難しい音程、よく取れるなぁ~、暗譜するの大変だったろうに~、とついつい歌う側の目線で見てしまうのは私だけでしょうか?
こうして幸四郎、金太郎くん、松たか子・・・と続けて舞台を観て来ると、松本一家高麗屋さんを私が支えているような気になってきました。

翌7日(日)はドニゼッティのオペラ『愛の妙薬』を観にテアトロ・ジーリオ・ショウワへ・・・我が家から15分でオペラが見られるなんて、サイコーです!
e0210473_23464352.jpg
これまた、素晴らしい演奏、舞台装置も衣裳もステキ!昭和音楽大学の学生さんがコーラスを務めていましたが、学生のうちからこんな舞台に立てるなんてうらやましい限りです。
同じドニゼッティでも『ランメルモールのルチア』や『ラ・ファヴォリータ』と比べてこの『愛の妙薬』はノーテンキに明るく、「オペラは難しい」と思っているあなた、今度機会があったら是非見てください!

と、この数日は観劇三昧でした。

そうそう、お刺身の基本ですよね、あ、それはさんまい(三枚)おろしですか。
山菜好きにはたまりませんね、あ、それはぜんまいでした。
体にいいって?ああ、げんまい(玄米)・・・すいません、この頃プチ・ダイエットしているのでどうも食べ物ばかりが目に浮かんで・・・
ちなみに、26日には新派のお芝居を観に行く予定です。あら、四眛になっちゃいますね。
[PR]
# by izumihitori | 2012-10-08 22:57 | ひとりごと

 我が家の山椒の木が今年も真っ赤な実を付けました。

e0210473_0182768.jpg
緑の葉っぱの陰から覗く可愛い実を、だだ地面に落してしまうのは勿体ない!

そうだ、粉山椒を作ろう!!

 さっそく脚立によじ登り、幹や葉の茎にイヤというほど生えているトゲと格闘しながら、なんとかザルいっぱいの実を採りました。
e0210473_0111927.jpg
(きゃ~IZUMI先生、心臓切ってまだ3ヶ月もたたないのに~何て事を!との悲鳴が聞こえて来そうですが・・・)

e0210473_0195764.jpg

 左側の房が採って間もない実。
 そして真ん中は前日採った実。1日乾燥させると・・・なんと赤いところがパックリと割れて、中から黒いつやつやの種が飛び出します。うわ~びっくり!すごいでしょう?今まで何年も面倒を見て来たのに、ちっとも知りませんでした。
 さて、この種は潔よく捨てて、残りの果実部分を乾燥させたら出来上がり。
 カラカラになった右側のこげ茶の実を茎(?)を取って挽くと・・・・今まで出会った事のないような痺れるような山椒の香りが部屋いっぱいに広がります。

 ほらね、アップでご覧いただくと・・・
e0210473_0273027.jpg
これが1日経つと・・・(これ上のと同じ房ですよ)
e0210473_0274745.jpg
そして5日後・・・
e0210473_0281587.jpg


 ね、ね、かわいいでしょう?「コーラス銀の会」や「コーラスいずみ」では黒板に絵を描いて説明しましたが、皆さん半信半疑でした。
 さあどうだ、「百聞は一見に如かず」でしょうが!
 あとは味と香りだな、「百見は一嗅ぎに如かず」
 みなさ~ん、ウナギの差し入れ待ってますよ~!その節には我が家の山椒をサービスしますね。
 「お味はどうざんしょう?」なんて言い添えたりして。
[PR]
# by izumihitori | 2012-10-05 00:44 | 自然

お約束のコンサートツアーの続きをお届けします。

前回はコンサート中の写真で終わっていましたので、今回は皆さんとの記念撮影から。まず新百合ヶ丘乗車組。
e0210473_22362768.jpg
そして宮前平乗車組。
e0210473_2237251.jpg
・・・舞台照明のままだったので両端の方は顔が暗くなってしまいました、お許しを。

そして、終わった後のホッとした顔の宗先生とIZUMIさん。
e0210473_22402781.jpg
え?ちょっとピンボケですって?はい、わざとです。

そのあと皆さんはバスで磯部温泉に直行しました。お風呂と施設がオススメなので、出来るだけ早くホテルに着くようにと、ドライバーさん、添乗員さん頑張りましたよ!

が、前日に温泉を堪能した私たちはのんびり寄り道しながら・・・
e0210473_22455860.jpg
夕暮れ迫る渡良瀬渓谷。木々の緑と荒々しい岸壁と静かな水面の対比が素晴らしかったです。
近くには旧道のトンネルが残っています。
e0210473_22524073.jpg
ほとんど車も人も通らない道で、ちょっと、夜一人で通りたくないカンジ・・・。
暗がりに中にボーッと浮かぶ髪の長~い白い服を着た女の人~~~キャー!

渡良瀬渓谷轍道の駅にも寄ってみました。
e0210473_22542642.jpg
e0210473_22543831.jpg
まるで旅番組のようでしょう?よく、旬の過ぎたタレントが夫婦でレポートするような。

さ、ホテルに戻ってディナーパーティー。みなさんよく食べ、よくしゃべり、よく笑って楽しい宴となりました。
e0210473_2303727.jpg
え?ピンボケですって?はい、これもわざとです。
なにしろ、ハイビジョンには向かないアナログ世代のタレントなんです、私たち。
[PR]
# by izumihitori | 2012-09-28 23:11 | コンサート

風船かづら

e0210473_1335046.jpg

近くの空き地にひっそりと生えている風船かづら、来年は我が家の緑のカーテンに!!と、種を採って来ました。
e0210473_1335263.jpg
うわっ、カワイイ!!種の一つ一つにハートのマークが付いているではありませんかo(^▽^)o。
見ているだけで、何か幸せな気分です。

とFBに入れたら、「お猿さんの顔に見える」とか、「パンダみたい」とかの意見続出。うんうん、確かに・・・。
でも、宗先生は『お猿のオシリ』に見えるそうです。普段のロマンチスト振りからはちょっとハズレたご感想でした。

ところで、緑のカーテンじゃなく、本物のカーテンは何年位で新しくするんでしょうねぇ?うちのは少なくとも25年は経ってますから、そろそろお肌の曲がり角かな。

「風船かづら」と掛けて「マギー審司の手品」と解きます。その心は・・・
「タネが可愛い!」。
[PR]
# by izumihitori | 2012-09-23 11:05 | 自然

コンサートツアーの後半をお届けする前に、昨日の『ベルカントの会 第9回おさらい発表会』の集合写真が届きましたので、いち早く皆さんに公開いたします。人数が多いので2枚に分けますね。

ジャーン!
e0210473_22542666.jpg
e0210473_22543779.jpg

もうご存じだとは思いますが、この『ベルカントの会』は文字通り“ベルカント(美しい声、の意)”を目指して、カンツォーネやオペラのアリア、歌曲などを勉強しているグループです。
指導は宗先生と、ちょこっとIZUMIさん(IZUMIさんはピアニスト兼任です)。昨日のおさらい発表会ではピアノ伴奏に熊本智子先生をお迎えし、独唱、重唱をたっぷり2時間ご披露しました。皆さんお疲れ様!年々レベルアップしていると感じるのは“親の欲目”?いえいえ、皆さんいい声になって、素晴らしい演奏でしたよ。熊本先生も、長い間演奏お疲れさまでした。

勿論、最後には宗先生とIZUMIさんの独唱・二重唱のオマケ付き!・・・でも、このオマケ、何とかならないかしら、中途半端なんです。
もともと、ごく内輪だけで開いた第1回目のおさらい会の時に、全員の演奏が終わった後宗先生がご挨拶に立つと、どこからともなく湧き上がった「先生の歌も聞かせてくださ~い!」の声。ついついその場のノリでブッツケで歌ってしまったのが運のつきでした。
以来9年、会場は大きくなり、聴きに来て下さるお客さまも増えたのに、相変わらず「え~、私たちも歌うんですか~?皆さんの発表会なのに?まあ、そんなに期待して下さるならひとさわり歌いましょうか・・・」ってな小芝居で歌い続けてきました。だからプログラムにも載せず、発声練習も無し、ピアノ合わせもコソコソとこなし、ブワーッとしたドレスだって着ません・・・この集合写真見ると、ああ、IZUMIさん、完全に見守る側の顔してるなぁ~と思いました。
来年は第10回を迎えるので、宗声会アンサンブル部門と合同で「おさらい会」ではなく本格的な「コンサート」として皆さんに聴いていただけるような企画を練って行きたいと思っています。乞うご期待!
[PR]
# by izumihitori | 2012-09-14 23:02 | コンサート

速報?と思われた方、すいませんm(_ _)m
遅くありましたが、先日のコンサートツアーの報告をいたします。
9月2日のコンサートに向けて、私達とピアノの松姫先生ご一家は前日から磯部温泉に泊まりました。
あの酷暑続きの毎日から打って変わっての曇り空、時折訪れるゲリラ豪雨が更に気温を下げて、過ごし易い一日でした。
e0210473_10251379.jpg
部屋のベランダからふと眺めると、山の麓から大きな虹がかかっていました。神様が翌日のコンサートの成功を約束してくれたような・・・ま、思うのは勝手ですよね?!

コンサート当日、皆さんは新百合ケ丘と宮崎台から大型バスで出発し、星野富弘美術館を見学した後童謡ふるさと館に到着しました。
e0210473_10251586.jpg
いざ(^-^)/ 私の歌手再デビューです。

さて、コンサートが始まりました。
今回のドレスはついこの前届いたばかりの、私のお気に入り。ブログに載せるとコンサートに来なかった方も見るので、今度着る時に新鮮味か無くなるなぁーなんて、ケチなことを言わずに、写真をどうぞ。
e0210473_10251643.jpg

e0210473_10251737.jpg

さて、この続きは次の回に。
なにしろ、再デビューなんですから、勿体ぶってご披露しますね(^_−)−☆
[PR]
# by izumihitori | 2012-09-06 09:53 | コンサート

ハイキング再デビュー

昨日の検診で「順調に回復していますよ」とお墨付きをいただいたので、高尾山の裏の沢に行ってきました。(ちょっと飛躍し過ぎ??)
珍しく宗先生と娘と家族水入らずで、途中の小さな滝まで登り2時間、下り1時間ちょっとのハイキングです。
木下沢と書いてコゲサワと読むらしい、小下沢と書くこともあるとか・・・という曖昧なマイナー・コース、おかげで擦れ違う人もほとんどなく、沢音を聞きながらの優雅なひと時でした。

林道をしばらく歩き・・・
e0210473_22484235.jpg

沢にかかる木下橋を渡り・・・
e0210473_22292576.jpg

青く光る蝶(ミヤマカラスアゲハ?)たちをお供に・・・
e0210473_22384827.jpg

沢を詰めて行くと・・・
e0210473_22405352.jpg
緑に囲まれた沢筋はマイナスイオンとオゾンたっぷり!!沢を吹き渡る涼風は火照った体に心地良さを運んでくれます。

やがて目的地の小さな滝に着きました。
e0210473_22465486.jpg

いかがですか、見ているだけで涼しくなりました?『IZUMIひとりごと』も、なかなか癒し効果があるでしょう?
私もまた、こうしてハイキングに行けるようになったので、とっても爽やかな気分です!

それにしても「コゲ沢」って名前、なんとかなりませんかねえ、よく山道でコケて捻挫する私としては、あまり有り難くない名前です。
[PR]
# by izumihitori | 2012-08-17 21:41 | 旅行

「退院は術後3週間(8/1)です、と言われてますが私はもっと早く出て来る予定です、だって8月2日のミュージカルの高~いチケット買っちゃったから!」
と6月から宣言していたIZUMIさん、今日予定通り観に行って来ました!
e0210473_23233599.jpg
ウエストサイド・ストーリーの来日公演。曲はよく知っている曲ばかりだし、入院中にも映画版DVDを見て心の準備は万端。しかも席は前から5列目のまん真ん中!すっかりテンション上がりっぱなしでした。あ~楽しかった!
e0210473_2340151.jpg
渋谷のシアター・オーブから見た街の景色・・・なんて写メ撮ってるの私だけみたいでした、ビル群見るのは久しぶりなんで・・・。

帰りは渋谷の行きつけのお寿司屋さんで・・・
e0210473_23451177.jpg

実は昨日は溜池山王にローストビーフを食べに行きました。
e0210473_013870.jpg
テーブルの前で切り分けてくれます。
e0210473_23473821.jpg
そして一人分が・・・
e0210473_23485092.jpg

ああ、せっかく3週間かけてダイエットしたのに、早くもリバウンドが始まりました・・・
私のウエストサイドが心配です。
[PR]
# by izumihitori | 2012-08-02 23:12 | コンサート

サプライズ!!

開演のベルが鳴り、客席が少しずつ暗くなる。やがて舞台に照明が入り、ステージが明るく輝く。さあ、これからコンサートの始まり!皆さんの視線が舞台袖方向に集まる。高まる期待と緊張感。私がステージに足を一歩踏み出した途端、客席から漏れる「うわーっ!」という声。
e0210473_16312192.jpg
e0210473_16313388.jpg
e0210473_16344812.jpg
・・・ふふふ、だから歌い手は止められません、この「うわーっ!」を聞きたいがために、私は毎回ドレスをとっかえひっかえ着ているのです。今度はどんなドレスかしら?にお応えしての、ま、ちよっとしたサプライズですが。客席の反応が直接伝わってくるのが生のコンサートのだいご味ですよね。たとえ
「うわーっ、素敵なドレス!だけどピチピチねぇ~」
「うわーっ、いいトシしてよくやるワ!」
「うわーっ、あのドレスいくらするのかしら?」の「うわーっ!」でも。

そんな「うわーっ!」好きなIZUMIさん、昨日めでたく退院いたしました。
そして今日の午前は初仕事。車を30分飛ばし、宮崎台の『コーラスいずみ』の指導に行きました。・・・皆さんの驚く顔が見たくて。
まさかIZUMI先生が来るとは思っていない約60名の団員のみなさんは、ピアノのT先生を中心に地道なトレーニングを始めたところでした。
少し遅れて私が入って行くと、来ましたよ、あの「うわーっ!」の波が。
はい、目標達成!!
楽しくコーラスの時間を過ごした後のお帰りは、お役目を終えた親分が出所した時のように、みなさん出口から門にかけてズラーッと列を作り、口々にいたわりの言葉を掛けてくださいました。
最近で一番のサプライズだったと思います。
[PR]
# by izumihitori | 2012-07-31 01:23 | ひとりごと

病院にて 6

e0210473_1544569.jpg
いよいよ明日、7月29日に退院出来ることになりました。ご心配くださった方、そうでもなかった方、どうもありがとうございましたm(_ _)m
まずはお知らせまで。
[PR]
# by izumihitori | 2012-07-28 15:39 | ひとりごと